eromanga190214.jpg
『電撃大王』連載、「エロマンガ先生」の8巻です。
原作ラノベの4巻終盤から5巻序盤の内容。『世界で一番可愛い妹』(略して 世界妹)のコミカライズが決定し、何人かの漫画家のキャラ画が正宗に届いた。さぁ誰がいい? と紗霧に訊くも、全員ダメとのこと。
eromanga190214-.jpg
コミカライズそのものは反対しない。世界妹をもっと多くの人に知ってもらえるし、メディアミックスの実績にもなる。けれど この漫画家さんたちは私の絵とぜんぜん似てないからダメだと言うのだ。そこで提案する条件が
・私と同じ絵を描ける人
・私の次ぐらいに原作を好きになってくれる人
・私が思いっきり本気を出しても負けちゃうかもしれないぐらい すごい絵を描く人
という、かなり厳しい注文。え~そんな都合のいい漫画家が簡単に見つかるとは…いやいた! ちょっと前まで敵だったけど、アイツならこの条件 全てがクリアできる! と、正宗が選んだのはエロマンガ先生Gことアルミ先生でした。

それを聞いたエルフは「ダメよ~ダメダメ!」と日本エレキテル連合みたいに猛反対! だってアルミちゃんは私の「爆炎のダークエルフ」の挿絵はもちろん、コミカライズも自らやってる。あとアニメのキャラデザとか版権イラストとかもやってるから、あんたたちの仕事なんて引き受けられないの! と念を押す。ところが本人は超ノリ気!
eromanga190214-1.jpg
まだ余力があるから大丈夫。それにエミリーの嫉妬する顔がかわいいし、マサムネの大ファンだから世界妹のコミカライズは是非とも自分でやりたい。更にこの仕事を請けることでエロマンガ先生へのリベンジの機会が獲得できる! 「漫画版の方が原作より面白い」ってなったら すっげースッキリするからだそうだ。
eromanga190214-2.jpg
ともかくこのようにしてコミカライズはアルミに決定。紗霧と握手を交わし、互いに切磋琢磨することを誓うのでありました。
はい、ここで原作4巻が終了。続いて5巻に突入します。
12月11日。世界妹は重版がかかって大ヒット。このままアニメ化してくれたらな~と、政宗は密かに思ってます。
eromanga190214-3.jpg
そこに現れたエルフ! 転校生って…年齢違うだろ。いやそれよりも急に美少女が教室にやって来て、正宗と親し気に話してることにクラスはちょっとした騒ぎに発展。もっとも恋人の噂を立たせることがエルフの目的なので、その点は充分に結果を残しましたがね。

来た理由はクリスマスデートの誘い──と言ってるけど実際にはクリスマスパーティーをやろうということ。これに めぐみ・ムラマサ・智恵・アルミらも加わってイブに催すことになりました。実はアニメ版「爆炎のダークエルフ」1話が完成したので、放送前に先行上映会をやりたかったわけだ。
ところがいざ観てみれば…作画崩壊のクソアニメになっていたのでエルフは涙する。でもこれは最終チェック前のやつだった、ホントはこっちね。テヘヘーとアルミは手渡す。もちろん激怒するエルフです!
eromanga190214-4.jpg
悔し涙が嬉し涙になったことから、出来栄えについては語るまでもないでしょう。
今回のキーパーソンはやはりアルミ。紗霧はアルミを懐疑的に思ってましたが、真摯に向き合って本当の気持ちを話してくれたことで信頼したようです。エルフからも頼らる描き手なことから、引く手あまたな人気者ですな。
エロマンガ先生(8) (電撃コミックスNEXT)
エロマンガ先生(8) (電撃コミックスNEXT)
エロマンガ先生(8) (電撃コミックスNEXT)Kindle版
スポンサーサイト