kenshin190303.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第13幕
剣心は京都の料亭 葵屋──隠密御庭番衆の翁に連絡を取っていた。それは四乃森蒼紫の協力と、師匠である比古清十郎への連絡。その返事が届いたのですが…いいものではありませんでした。葵屋の面々は皆 所帯持ちになっており荒事に巻き込みたくない。
kenshin190303-.jpg
身内の不祥事につき詳細は伏せるも、蒼紫は とある任務の遂行中とのこと。それがこのコマ。斧を持った男と対峙してます。はて、御庭番衆にはこのような男は居なかったけど…誰なんでしょ? 裏切ったってこと?
操は例によって蒼紫を追っており、これまた望み薄。二人とも連絡は取れるので任務が ひと段落つき次第、そちらに向かうよう伝えてくれるそうだ。
次に清十郎も「良い水と土と美味い酒を探しに行く」と告げて丸一年帰ってきてないそうで、こちらはかなり時間がかかるらしい。

実は剣心が協力を仰いだのは凍座(いてくら)の「如何にお前が最強でも一人では足らん 猛者を集めるのだ」と言われたから。でも自分が知る限りの助っ人は、この通りに期待できなくなってしまった。当面の戦力は拙者と左之助の二人のみ。どうすれば…と悩んでいたら、こいつ↓が登場ですよ!
kenshin190303-2.jpg
斎藤一と五年ぶりに再会です
凍座に左腕を折られて包帯で吊ったまま。湯の川温泉で湯治したので いらぬ世話だと語るも、さすがにこんな短期間で治るとは思えないけどね! 着いて来いと言われて向かった先は函館山の山麓北東部。人里離れたこの場所に建っていたのは碧血碑でした。
kenshin190303-3.jpg
碧血碑とは箱館戦争における旧幕府軍の戦死者の慰霊碑。土方歳三ら約800人を弔ってます。
でもなぜここに? 斎藤は援軍の招集には手こずるだろうと思って、独自に選別した者たちを集めたそうだ。
kenshin190303-4.jpg
その者たちとの合流場所がここ。つまりここで杉村義衛(永倉新八)、瀬田宗次郎、安慈和尚と会うことに! だったら次回は絶対見逃せませんよ。かつての敵が仲間になる展開はワクワクですわ!
るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 2 (ジャンプコミックス)
るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 2 (ジャンプコミックス)
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
スポンサーサイト