uq190409.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.159 切り札の正体
異形の姿となって暴走してる刀太を、「使えるようにしてやる」と荒療治をし始めたニキティス。僕の魔力を注入するとして一方的な暴力を振るいます。刀太の新技は使う魔力が膨大だから、最初の ひと回しにも莫大な魔力が必要。その魔力をニキティスが貸与しているとのことだ。

0.07%でも変わりないのでもっと増やしていくのですが、それは暴力の上乗せ。0.5%までに至れば刀太はもう原形を留めてませんでした。再生することなく死んでしまった? 否! 突如として瞬間移動?して現れ、ニキティスの頬に渾身の拳が突き刺さる!
uq190409-.jpg
多重障壁を膂力(腕力)だけで貫いたことに驚きを禁じ得ない。いや、それ以前に高貴な貴族の僕に正拳突きをしたこと自体、プライドが傷ついた模様。無論、刀太はそんな小言に構うことなくまたしても瞬間移動? で一撃を食らわせるも、ニキティスとて伊達ではない。瞬時に対応し、以後は両者ノーガードの殴り合いへ。結果、引き分けとなりました。

インターバルをとって「新技は見た目を重視」の方向で意見は一致。ニキティスはヒラヒラのついたプレスリーみたいな衣装を勧めるもウケません。そりゃこの時代にそれはないわな。
uq190409-2.jpg
これが刀太の考えた名称。アシュラトータ、アスラトータ、蒸着アックマン、アンリミテッド刀太と候補が上がった中で「ファイナル刀太」に〇が付けられてます。また「明けの明星(デイスター ルシファー)」には☆マークが。
でもStage.157においては「降魔兵装 魔天大壮」だったんだよなーwww

以後、この図書館島で何日も過ごして技を磨いてきた模様。瞬間移動?の謎は「血しぶき」で、あらかじめ血しぶきをフィールドに撒いておく。致命傷を負ったら好きな地点の血を原点にして再生することで、あたかも瞬間移動してたように見せていたようだ。
uq190409-1.jpg
なぜ強さを求める? とするニキティスに「ヨルダを止める」と答える刀太。けれど俺的には雪姫のためらしい。結局はヨルダを倒さない限りはどこにも行けない。進ませてやるためにヨルダを倒し、アンタは生きてていいんだと言ってやりたいとのこと。
そんなこんなでニキティスとはいい仲になりそうだったのに、突如現れてフェイトの首をはねたことに怒り心頭な刀太です。

ニキティスが動いたことでこちらも動きました。しかも衝撃的に…
uq190409-3.jpg
突如 仙境館の魔法障壁が破られてUQホルダーNo.3の七尾・セプト・七重楼と、No.5の獅子巳十蔵が侵入。瞬く間に甚兵衛と源五郎をフレ/ンダにしてしまいました。工エエェェ(´д`)ェェエエ工 源五郎は「残機制」という命のストックがあるけれど、甚兵衛は…死んじゃうんじゃないの? いやそれどころか、これが殺戮の手始めかも。忍や みぞれも助かる保証は無いので超大ピンチです!
スポンサーサイト