fuuto190530.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の55話
遅れましたが風都探偵のレビューです。おやっさんを殺したのはこの俺だと泣き崩れた翔太郎を抱きしめる ときめ。そしたら寝ちゃいました… 緊張してアルコールを過剰に摂取し、興奮状態になって一気に回ったらしい。そこに現れたフィリップ。時同じくして裏風都では万灯が、ミュージアムやWが誕生した経緯を話してます。奇しくも二人してビギンズナイト編を締めくくるわけですが、先ずは万灯の話からいってみよう。
fuuto190530-.jpg
万灯は秀夫に「Wの恐ろしさを忘れないため」と、過去の経緯を話し始める。旧組織のミュージアム。家族全員、しかもペットまでもが組織の幹部だったという呪われし家族。長男である園崎来人(フィリップ)が地球の記憶を宿してしまったことから琉兵衛は狂気に憑りつかれてガイアメモリを開発し続けることに。

妻の園崎文音はこれに反発してシュラウドと名を変え、幼馴染みの鳴海荘吉を打倒ミュージアムの戦士とする。そしてあの夜に来人を連れ出そうとするも失敗。計画は とん挫したと思われるも、ここで計算外のことが起きた。
fuuto190530-1.jpg
左翔太郎の存在だ。翔太郎は迷うことなくジョーカーのメモリを選んでWに変身。結果、最悪の状況から最高の戦士が誕生することに。もしシュラウドの思惑通りに鳴海荘吉のスカルとフィリップのサイクロンでWになったとしても、最高の戦士になれたかは疑問。翔太郎のジョーカーだったからこそ最強の領域へと進化できたと万灯は評価します。
fuuto190530-2.jpg
それを踏まえてこう締めくくった。
私たちにも切り札(ジョーカー)がないと またひっくり返されるかも
まさかその切り札こそ ときめだった、ということなんでしょうか??
fuuto190530-3.jpg
それを裏付けるかのようなことを話すのはフィリップ。翔太郎は単にビギンズナイトのことだけを ときめに聞いて欲しいわけでなかったのだ。ときめのメモリは翔太郎と同じジョーカー。ジョーカーは最高であり最悪でもある二面性を持っている。だから将来 ジョーカーの運命に翻弄されることがあっても、反対側にある希望を失わずに頑張って欲しいと。
fuuto190530-4.jpg
鳴海荘吉の死はあまりに大きかったけれど、フィリップを心の通う人間へと戻した。そして生涯の相棒ともなる翔太郎にも出会えた。だから人生最悪の別れと最高の出会いが両方訪れたこの日を、「最悪の夜」ではなく「始まりの夜(ビギンズナイト)」と呼ぶようにした──ということです。

こうしてビギンズナイト編が幕。次回再開は一ヶ月後の6月24日発売号。超ビッグゲストが登場とのことだけど、どう考えたって鳴海荘吉役の吉川晃司でしょうよ。
風都探偵 (6) (ビッグ コミックス) 6月28日発売
スポンサーサイト