uq190508.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.160 UQホルダーvs.UQホルダー
仙境館を強襲したのは十蔵とセブト! 先ず甚兵衛と源五郎を真っ二つにしてしまうも、甚兵衛はイレカエにて下半身と上半身を引き寄せて即死を免れます。よく言えば胴体だから良かった。これが頭だったら絶対に即死でしたね。
セプトに襲った理由を訊くとバアルが復活したので、創造主たる彼に逆らえないんだそうだ。ってゆーか、バアルの手先だったセプトをよくホルダーメンバーに引き入れたものだね。ここのところの経緯が知りたいです。

上半身と下半身をくっつけたものの まだ完全に治癒してない甚兵衛。それを見越して十蔵が追撃するも、一空が立ちはだかる。が、まるで相手にならずアッと言う間にバラバラだ! 上半身だけで多脚で歩くところは「遊星からの物体X」かと思った。
uq190508-.jpg
十蔵は強さにしか興味が無く、仮面はバアルが作ったものだろう強化兵器。自らの意志で仮面を被ったらしい。少し善悪のタガが外されて目的を強制されてるんだそうだ。強さを求めて矛先をUQホルダーにした。感情を振り切るために仮面を被ったというところでしょう。
この後、復活した源五郎や九郎丸・三太・夏凛ちゃんも参戦するも十蔵の強さは別次元です。
uq190508-1.jpg
画像上 幽鬼(レプナント)である三太は剣は効かないハズなのにバラバラに四散しちゃいました
画像下 源五郎の復活直後の3秒は無敵時間でありながら、設定を完全に無視して攻撃が届いちゃったよ!?
uq190508-2.jpg
更には"神の罰"とも言われる絶対に傷つけられない夏凛ちゃんなのに、片手片足を切断してしまいます! 血が噴き出さないのは"神の罰"の能力で、切断されたけど切断されたとは能力自体が思ってないんでしょう(変な説明だこと)。
uq190508-3.jpg
剣を振り続けて800年。この世の全てを斬れるようになった十蔵。それは呪いや因果や概念そのものまでも! 今の俺は神をも斬ろうと豪語。以前、小夜子が世界規模のバイオテロを起こした時に絶望感があったけれど、今回の十蔵はその絶望感の上をいくね! もうどうしたって勝てる気がしません。それを覆すのが主人公なわけで、刀太の到着が待たれます。
スポンサーサイト