toujima190605.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の11話
暴力団同士の麻薬の取り引き場に現れた四人組は組長を殺害し、麻薬と現金の双方を奪おうとしていた。けれどその場に居合わせたのが雲田こと蜘蛛男。失業した恨みもあっていきなり完全体へと変身し、四人に襲い掛かります。
もちろん四人も拳銃を撃ち続けるも全く効果なし。いやそれ以前に「なんだコレ!!?」と、蜘蛛男そのものを知らないみたい。まぁ平成生まれだから知らないのも無理ないか。全員が一撃によって倒され、残ったのは中尾のみ。近づく蜘蛛男に中尾は昔を思い出す。そう、これは走馬灯なのだ。

中尾八郎が7歳のとき、父親は一念発起して たい焼き屋を開業するも失敗に終わり八百万もの借金が残った。
toujima190605-.jpg
そしたら父親は「この人の愛人になった」として借金はチャラになるも、中尾は祖父のもとで暮らすことに。典型的な落ち武者人生だね。その田舎でのこと。クラスメイトがライダーごっこをしてる中、中尾は「ショッカーは俺一人でいい」と告げるや泣き出します。
toujima190605-1.jpg
正義の味方なんか…本当にいるのか?
もし俺が「ショッカー」だとしたら…俺は生きていける

と、意味不明なことを語り始めて皆に殴りかかりました。これは心境の変化でしょう。正義の味方は僕らを守ってくれるなんて言うけれど、父親は出たっきり帰ってこない。だったら俺は正義なんて信じない、悪の側についてやるといった気持ちがそうさせたと思うわけで。

そして現在の中尾は蜘蛛男に胸を貫かれて虫の息。大量の吐血を蜘蛛男に浴びせるも、死に際にこう叫ばずにはいられませんでした。
toujima190605-2.jpg
俺をっ…ショッカーにっ…してくれないか!?
絶命する中尾。蜘蛛男にしても奇妙に思ったことだろう。殺そうとしているのに「ショッカーにしてくれ」と頼まれたのだから。その後、中尾は公園のベンチで目を覚ます。服は血で汚れたままだけど傷口はふさがっていた。記憶は途切れ途切れだけど、部下三人がいる焼肉屋に向かいます。
toujima190605-3.jpg
そこで「イー」ってやったら戦闘員になっちゃった! 望みが叶ったとはいえ、こんな短時間にどうやって戦闘員にしたんだろうな? 改造手術をしてる時間はないだろうから、蜘蛛男の血液を飲んだのが原因というところでしょうか。
スポンサーサイト