fuuto190703.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の57話
「アクセル編」の2回目。メモリの不正販売組織「ORIGIN」のメンバーが、縦に真っ二つにされるという猟奇的殺人が発生。この手口から刃さんはスクリームの仕業では? と予想するも照井は違うと断定。スクリームはもっと苦痛を感じる部分を複数回に渡って傷つけていた。けれどこの遺体を見ると、死んだと気づかぬうちに死んだ可能性がある。だからスクリームの仕業ではないと言うのだ。
fuuto190703-.jpg
はい ご名答! この様子を影から見ていたスクリームの本体である一葉は「完璧に私の殺し方を理解してくれてる」とハァハァ。ますます殺したくなったものの、万灯からは「仮面ライダーには手出しするな」と釘を刺されている。でも何かしら いい方法を思いついたようだ。
fuuto190703-1.jpg
一方、鳴海探偵事務所にはヤンキーな高校生・逢瀬奈々が仕事依頼のため来訪。行方不明になった同級生であり親友の沖田舞を捜してくれという。確かに親友が行方不明になったのだから心配するのは当たり前だろう。でも翔太郎は違和感を感じていた。バレては困るような、何かがある予感を察知したのだ。

舞台は再び照井へ。遺体の側に落ちていたマッチから「ORIGIN」のメンバーが集まるだろうバーに踏み込んだ照井と刃さん。
fuuto190703-2.jpg
もちろん格闘戦になるわけですが、トリッキーな動きで活躍する刃さんがいいね。多くの人は知らないでしょうが昔「スーパーロボット レッドバロン」という特撮番組があってだな、熊野警部という人が居たんですよ。回転灯付きの自転車に乗るため通称「自転車警部」とも呼ばれており、防弾仕様の傘を持って鉄面党のメカロボ相手に奮闘していた姿を思い出したね。
fuuto190703-3.jpg
照井は照井で悪漢どもを平気で殴りつけていた。その一人が「こんな乱暴な捜査、違法なんじゃねーの?」と訊くも どこ吹く風。法律とは人間のためにある。でもお前らは もはや人とは呼べん。お前ら外道には俺が掟だ! と、やはりぶん殴った。照井は家族全員をドーパントに殺されたのでメモリ犯罪者に対する怒りは別物なんだろうな。
fuuto190703-4.jpg
そして登場した猟奇殺人の真犯人。指先から出るレーザー(?)で痛みを感じる前に真っ二つにしてしまうようだ。このような危険度の高いドーパント相手にはどうやって戦うのだろう。
スポンサーサイト