boku190708.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問118
前回がクリスマスだったので年末も大詰めといった時期? 新年イベントを描かないとは思えないし。先輩と模試の帰りの電車の中、二人とも寝てしまって終着駅まで来ちゃいました。帰る電車も無いしどうしようかと思ったら、都合よく健康センターがあったので宿泊することにします。
で、ここは水着で入れる温泉でした。よって男女の区分けはありません。つまりなんだ、唯我は先輩と一緒に風呂に入ったってことですわ。嘘は言ってないぞ。
boku190708-.jpg
もはや恒例となった先輩の思わせぶりな態度。「アタシとおフロ入っても何も感じてくれないの?」と誘ってるフリをして、唯我が気持ちを打ち明けたら「このムッツリ野郎」と切り返す。唯我もいったい何度同じ目にあってるんだよ! いいかげん学習しろや!
boku190708-1.jpg
でも今度は唯我のお返し。ドクターフィッシュをやって、先輩は足をツンツンされて感じちゃう(笑) 変な声まで出してしまったことに唯我はニヤニヤですわ。あーコレ見たことあるわ。何年か前に刈谷ハイウェイオアシスでやってたな。今は知らんけど。

一本取られた先輩はまた お返しすべく卓球勝負。いやはや強すぎて唯我の完敗です。この中で唯我は「試験本番のことを考えると悪いことを想像して不安とプレッシャーで眠れない。気丈な先輩みたいになれたらいい」と打ち明けた。
boku190708-2.jpg
そしたら先輩はイキナリ手を握りしめた。その手は気丈ではなく震えていた…
先輩は去年失敗したので今年は絶対に受からなくてはいけない。そのプレッシャーは唯我の比ではないと。先輩はプレッシャーを消すために自分を追い込んできたけれど、唯我と触れ合ったことをきっかけに「不安もプレッシャーも勉強科目としてたのしんでみる」ようにしたらしい。
所詮、なるようにしかなりません。だからその状況を楽しんでみるのは立派な対処法ですね。
boku190708-3.jpg
尚、朝帰りしたことに父親はおかんむりだったものの、唯我と一泊したと知るや「ならよし!!」と即答。やはり結婚前にでも孫の顔を見たいようですよ?
スポンサーサイト