終始 雨が降り続いてる夏の東京から物語は始まります。正に今年の夏そのものを現わしたような設定になったのは、偶然にしても出来過ぎでしょう。で、極力ネタバレしないようにしますが一部は書いてしまうことをご容赦ください。
・相変わらずの映像美はさすが! 水滴の描写は本物の映像と見間違えるほどでした

・各社とタイアップしてることから実在の看板や商品がそのまんま登場しており、よりリアル感を感じられます。ソフトバンクのお父さん犬は私は見つけられませんでした

・屋上に小さな神社がある廃ビルは「傷だらけの天使」でショーケンと水谷豊が住んでいたビル・代々木会館だったのね。来月には取り壊されるそうなので行ける人は行ってみてください。この神社がとても重要な役割をするのだけど、どうしてこの神社がそれだけの能力を持っていたのかが謎。別に普通の、伝統ある神社でも良かったじゃん。そこのところの説明が欲しいですね

・新海作品ならお馴染みの、今回も過去の作品のキャラが登場してます。特に「君の名は。」の瀧はけっこう長い時間登場してます。逆に三葉はごく短時間しか見られないのでご注意

・三人の子供だけでラブホに泊まるって…。しかも28000円とはボッタくられたなぁ。つーか、枕元にあるだろう避妊具に関することはスルーか。まぁこれはしょうがないね

・平泉成が平泉成そのまんまだった(笑)

・本田翼が下手だの言われてたけどそんなことなかったぜ。むしろ「君の名は。」の奥寺先輩ポジションでヨシ! でもたぶん前科が付いちゃった?

・原作小説通りにキュアブラックとキュアホワイトが出てきた(コスプレだけど)のには驚いた。制作会社が違うのはもちろん、東宝の映画に東映アニメーションのキャラが登場なんて考えられないよ。そういや「なつぞら」は来週からテレビアニメに話が移ります。先ずは「狼少年ケン」だろうか

・高架を走り続ける帆高。駅の職員ないし整備士が全く捕まえようとも追いかけようともしないのは謎

・最後は「ソレでよかったの?」という印象で終わります。陽菜と一緒に居たいからといって犠牲にしたものがあまりに大きすぎるんじゃないかな。そこに評価が分かれると思いますね
スポンサーサイト