railgun190726.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第116話
先月が休みだったので二ヵ月ぶり。忘れてしまった人は下記をご覧ください。
「とある科学の超電磁砲」 初春を想う気持ちが佐天さんを強くさせる
この間にアニメ「とある科学の一方通行」に屍喰部隊(スカベンジャー)が登場するのが決定、つーか原作通りに登場します。果たしてリーダーの失禁はそのままアニメで描かれるのだろうか?

「初春がここに居るかもしれない」と、第二少年院に来た佐天さん。吸盤グローブを使って看守棟の侵入に成功します。看守の目を掻い潜って壁に張り付いてる姿はスパイダーマンのようだ。プルプル震えながらロッカーのキーナンバーを盗み見して、看守服のゲツトに成功するのでした。

そして初春は──やはりここに居た! 更に嬉美の目的もようやく判明。学園都市の能力開発技術を、全世界に漏洩させることでした。
railgun190726-.jpg
学園都市の180万人の学生だけに超能力開発技術を享受させるのは勿体ない。世界の20億を超える若人には想像を絶する輩が眠っているだろう。レベル5級の者が複数生まれれば、世界のパワーバランスは塗り替えられると目論んでいるのだ。
でもなぜそんなことを望んでいる?  嬉美いわく「踏みつけられた奴らに牙を与えるのよ」として回想に入ります。

数年前だろうか、嬉美は荒れた暮らしをしていた。喧嘩をしても退屈で「世界ってこんなんだっけ」と思っていたようだ。そこにいじめられてた少女が助けを求めてきた。でも手を貸さずに渡したのはナイフ。「テメエでなんとかしな」というわけだ。
railgun190726-2.jpg
少女はナイフを使ってマジに応戦。相手もここまでやるとは思ってなかったらしく、これを見て感心した嬉美。このようにちょっとした きっかけを与えれば人は抗える。それをワールドワイドでやってみようというわけだね。

目的はわかった。でも初春はもちろん「お断り」するも、嬉美とて諦めるわけがありません。
railgun190726-1.jpg
保険をかけておくとして、自分の血を初春に飲ませます。これによって助けに来た美琴だろうと退けてしまうそうだ。えーと、これどいうこと? 単に"能力が通じなくなる"ってことかな。黒子がテレポートで初春を連れ出そうとしても能力無効になるとか。
railgun190726-3.jpg
最後は「必要なものは何でも用意させよう」との言葉に「シロップたっぷりのキンキンに冷えたアイスティー」だそうだ。きっと「キンキンに冷えてやがる」と、頬づりしながら叫ぶのだろうね!?
スポンサーサイト