toujima190801.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の13話
ショッカー戦闘員となった中尾はさて置き、第二回ライダー集会において一葉は「10日後に この中で一番強いやつを決める」と ぶちまけた。今の実力では蜘蛛男には敵わないだろう。けれど丹三郎はパンチを入れることが出来た。この事が悔しかったらしく、誰が本当に強いのか決めたいというわけだ。まぁ実力ある者同士、単純に強さを競いたいという気持ちもあるのだろうけどね。
これに二つ返事で即答した丹三郎とユリコ。彼らもまた同じ気持ちというわけか。

そして始まった各々の特訓。まずはユリコから。
toujima190801-.jpg
サンドバックにパンチと蹴りを高速で叩き込んでいきます。頭の中ではこの高速攻撃から移行した、新しい電波投げを考えているようだ。えーと、なぜ打撃練習をして投げが完成するのか理由が全然わからないのですが?
toujima190801-1.jpg
丹三郎は1話で戦った熊との再戦。熊としても右目を潰されたのでリベンジを果たす気満々だ。ところがライダーのお面を被った丹三郎はあの時以上に強くなっていた。いきなり「ライダーパンチ」を鼻っ先に叩き込まれて「コイツは人間か!?」と思ったらしい。これ以降もたびたび鼻にダメージを負わされてテンション急降下。
toujima190801-2.jpg
最後は腹を見せてのギブアップを宣言します。でも空中に飛んだからには降りるしかない。そのまま腹に「ライダーキック」を叩き込んじゃいました(ひでえ)。この後 熊は、まともに立てずにゴロゴロ転がって山奥に逃げたとさ。「二度と会ってたまるか!!!!」と固く決意をしながら。
toujima190801-3.jpg
三葉はユカリスが攻撃しようと有効打を取らせない。合気道を使ったからだ。相手の力をそのまま返すのだから怪人には有効だろう。けれどユカリスのラブラブなキス攻撃によって轟沈。強いのはユカリスってこと!?
toujima190801-4.jpg
最後は一葉。"重いコンダラ"(ローラーのことね)を引いていたと思ったら、蜘蛛男との戦闘シミュレーションを開始。どんなに考えたところで蜘蛛男に勝てないまま時間はどんどん過ぎていく…
えーと、バキだって同じことやってたけどさ、まずは頭より身体じゃない? だから頭の中で特訓するんじゃなく、実際に身体を動かして特訓しようよ。
この様に10日間はあっという間に過ぎて一葉の家に集結した5人。いったい誰が最強になるん?
スポンサーサイト