shin190814.jpg
4月末発売の『漫画ゴラク』をもって最終回を迎えた「真!!男塾」。このたび最終6巻が出たわけですが、最終話が大きく加筆修正されてたので報告します。その前に連載時の最終話がどうだったかは↓をお読みください。
真!!男塾 最終回 塾長は時空を超えて桃たちと会っていた!

加筆修正したといっても基本的な流れは変わりません。核爆弾によって時空を彷徨った塾長は「魁!!男塾」の世界に来てしまいました。新首相の英愛は男塾を滅ぼさんと攻撃するのですが、連載時では英愛一号という戦闘ロボが登場しました。この英愛一号がコミックスでは別人になってるのですよ。
shin190814-3.jpg
その名はジャキ!
DNA理論で巨大化させた人間で、AIで完全思考する史上最強の男なんだそうだ。えーと、なぜ人間なのにAIで思考するのか謎。サイボーグじゃないんだからさ、そういう細かなところは気にするなってことですかね。
ともかくロボットのように感情を持たないジャキは、明石など男塾の面々を次々と倒していく。そこで塾長の出番です。
shin190814-1.jpg
構えた塾長にジャキの動きが止まる。AIといえど塾長の底知れない強さを感じたらしく慎重になったのだ。やがてジャキは全身から汗を吹き出し、鼻血さえ出始めた。塾長の凄まじいオーラがジャキの思考回路を混乱させているのだ。
ジャキには塾長が自分より何倍も巨大に見えていた。堪らず殴りにかかるも、ジャキの拳は塾長には届かない。逆に激しく弾き飛ばされます。
shin190814-2.jpg
激しく叩きつけられたことでジャキには感情が芽生えたらしい。無機質な目でなくなっているのがその証拠だ。ジャキはこうして男塾で男を磨き、大豪院邪鬼となって男塾の帝王に君臨したのだろう。
こうして「新しい最終回」として終わった「真!!男塾」。掲載時に新作が構想中とあったので早く読んでみたいものです。
真!!男塾 ( 6)完 (ニチブンコミックス)
真!!男塾 ( 6)完 (ニチブンコミックス)
真!!男塾 6 Kindle版
スポンサーサイト