uq191207.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.167 新オスティア
バアルが逃げた先は裏火星にある武装勢力「新たなる夜明け」の支配地域。ここに一斉攻撃を仕掛けたナンバーズたち。ようやく全員が揃ったのだから一気に攻めてしまおうということか。グレートパル様号を旗艦として三太が・一空が・夏凛ちゃんが各自の能力をフル回転して暴れ回る! そして雪姫の広域魔法が敵城を滅すべく放たれた。が、敵もまた広域な魔法障壁(いわゆるバリア)によって無力化。さすがにさっさと やられるわけにはいきませんからね。
uq191207-.jpg
バリアを発生させてるのは地下の大型反応路だと分かり、三太と源五郎がここに向かう。何せ源五郎はイレカエ、三太は透過能力があるのだからバリアはもちろん分厚い壁なんて意味がありません。
「新たなる夜明け」は最終兵器たる100mを超す鬼神兵を10体全て出して押し返そうとするも…
uq191207-1.jpg
十蔵です! この世の全てを斬ることができる十蔵にとっては鬼神兵とて意味を成さない。これに続けと九郎丸は新奥義・千雷剣を、刀太は雷天大壮を繰り出してこれまたバッタバッタを倒していく。満を持して現れたニキティスはもうすっかりギャグメーカーになっちゃいました。さっさと攻撃しろよ!
反応路を壊し、鬼神兵も全滅させたことで「新たなる夜明け」はもう打つ手なし。雪姫は投降を促すも徹底抗戦の構えをしたことから氷漬けにされちゃったとさ。

一件落着してナンバーズは新オスティアでしばらく休暇を取ることになりました。オスティアといったら「ネギま!」に登場した場所じゃないですか。懐かしい!
uq191207-2.jpg
温泉に浸かる女性陣。龍宮も攻撃に参加してました。その隣が雪姫で、その右側は女性化した七尾ですよ。そもそも男でも女でもないそうだ。ナイスバディな女性陣を尻目にキリエと九郎丸は肩身が狭いよなぁ。
魔法を使い過ぎて雪姫は本来のエヴァンジェリンに戻った。そこでキリエから刀太と腹を割って話しておいた方がいいと諭され、七尾が気を利かせてくれましたよ!?
uq191207-3.jpg
全裸でのしばしのデートとなりました。刀太にとってはキティな存在でもあるわけで、募る想いはどう傾くのやら!
スポンサーサイト