boku191209.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問139
二次試験まで あと一週間。一人で黙々と勉強する唯我。ここまで来たらヒロインたちに教えることは無く、誰も来ないことに母親は寂しそう。もっとも誰が本命なのか知りたいのが本心ですけどw
けれど唯我が出来ることがまだありました。その発送を母親に頼みます。
boku191209-.jpg
ここからヒロインたちがリレー形式に登場。古橋さんが勉強中に飲み物を持ってきてくれた父親。すっかり理系の大学に進むことを応援してるようだ。母親のノートパソコンの電源が落ちたことに「落ちるとか言わないでッ」→うるかも母親に「漫才がオチてない」と言ったことに敏感に反応。更に「この芸人もスベってるわね」と続いたことに過剰に感じてしまいます。
boku191209-1.jpg
店内でスベってしまった緒方さん。これまた縁起が悪いとガクブル状態。続いて客から「漫画の主人公が浪人」との話を聞かされて追い打ちされてしまいます→「浪人ってゆーなーっ」と叫ぶ先輩。いや、貴女の場合は本当に浪人生なんだけどなw ヒロインたちで唯一の大学受験経験者なのに けっこうビビってる様子。まぁさすがに二浪するわけにもいかず後が無いプレッシャーなんでしょう。きっと。
そんなヒロインたちに唯我からの贈り物。それは最後のノートでした。
boku191209-2.jpg
それぞれの注意すべき点を書いてあると共に、一緒に勉強してきて悩み、苦しみ、楽しかったことが書き連ねてありました。これは読者も読んできたことなので唯我の気持ちがよくわかります。
一緒にがんばってくれてありがとう
「一人」でも「独り」じゃないから絶対 皆で合格しよう!!

で締めくくったことに笑顔したり涙したり、二次試験に向けて気合が入るのでした──
boku191209-4.jpg
ちなみに先生にもノートが届けられましたが、それはしばらく行けなくなるのでゴミの分別方法とか、掃除の仕方などが書いてあって先生は屈辱的に思えてしまったそーだ!
次回からいよいよ二次試験。唯我はまた怪我するんじゃねーぞ。
ぼくたちは勉強ができない 15 (ジャンプコミックス) 1月4日発売
ぼくたちは勉強ができない 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)
スポンサーサイト