boku200127-3.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問144
唯我にキスしようとしてたところを うるかと緒方さんに見られて大わらわな古橋さん! 修羅場に突入かと思いきや、緒方さんもキスしようとして胸中を唐突に告白。うるかも告白したことを正直に話したことで、今ここに(ようやく)三人ともが唯我に気がある事を認め合います。
boku200127-4.jpg
うるかはこの状況を苦しむどころか むしろ喜びます。唯我と同じぐらい大好きな緒方さんと古橋さんも、同じ人を好きになったのは嬉しいことだと。このような態度を取られたことで古橋さんは自分の考えが浅はかだったと反省。この気持ちがバレたら関係が壊れてしまうだなんて大間違いだった。この温かい友人たちを勝手に何をわかったつもりになっていたのだと、涙するのでした。

この後、先生の妹の美春さんも来ますが重要とは思えないのでパス。リンゴを剥いてくれたのはいいけど自分で食べちゃうなんてちょっとヒドイ。そういや先週、先生が大量に買った桃缶を唯我は食べたのだろうか?
boku200127-.jpg
翌日、熱の下がった唯我を連れて一同は水族館見学へ。晴れて公認のライバルとなったヒロインたちは唯我のホスト役を積極的に請け負います。もう完全なモテモテ状態じゃないか この野郎! 羨ましいぞ!!
boku200127-1.jpg
この光景を見た先生は、学生時代にこのような関係があればよかったと思いをはせる。あーこれは自ら身を引いたという意思の現れかな。やはり先生と生徒の関係は崩せないということか。
boku200127-2.jpg
そして唯我は留学目前の うるかにどう答えるか思案する。ヒロインたちからの告白にどう答えるかではなく、うるかだけにどう答えるかを考えてる時点で うるかENDはもう確定でしょうかね。さすがにここから他のヒロインが入り込む余地がないと思います。
スポンサーサイト