railgun200129.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第122話
嬉美が電源を切り、AIMジャマーが働かなくなったのを見計らって侵入した美琴。そのままジャマーを破壊したことからもう再起動できなくしたのは好判断。能力を封じられてはただの喧嘩であり、場数を踏んでる嬉美の有利は違いありませんから。
仕掛けたのは嬉美! 天使型の竜の羽根を撃ち込みます。
これってコンドルのジョーの羽根手裏剣じゃね?
と思ったのは全国で私ぐらいだけでしょうか。そういう世代だからな!

無論、美琴は電撃で撃ち落としてそのまま嬉美。ところが嬉美は「黒い稲妻」?で電撃を逸らす。嬉美って電気使いだったの!? まぁ竜以外の能力をあまり見せてないので未だに不明ですけど。
嬉美は竜を出して咆哮一閃! 最初の戦いで美琴の砂鉄のゴーレムを破壊したやつです。
railgun200129-.jpg
けれど侵入した際に破壊した扉を盾代わりにして難を逃れた。そのまま美琴は接近戦へ移行。能力が通じないなら肉弾戦で勝負ということか。
railgun200129-1.jpg
でも前述した通りに嬉美は戦い慣れをしていることからアジャ・コングばりな裏拳で攻撃を許しません。ところが意外だったのはこれから。そのまま倒れるかと思いきや、嬉美の足の甲を踏みつけて距離を取るのを許さない。
railgun200129-2.jpg
膝によるミゾオチ蹴りと、右腕の打ち下ろしパンチ! 正に双方互角の戦いです。でもこの戦いの中で美琴はあることを思案していた。が、嬉美はこれも気付いていたとは!
railgun200129-3.jpg
戦ってる隙に佐天さんと初春を逃がす計画でしたが、嬉美は超電磁砲(レールガン)を使って裏口上に穴を開け、凝固剤を噴出させる。その凝固剤で裏口を塞いでしまおうというわけだ。抜け目のない点ではさすがの嬉美と言えるでしょう。
スポンサーサイト