fuuto200610.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の78話
風都感謝祭を目前にして、ふうとくんミニステージを決行。ときめが演じる ふうとくんのデビュー戦とあって緊張は隠せません。ナオさんに見送られてステージに立つわけですが、ちょっとした仕草に「ガチふうとくん」勢は即座に反応しちゃってるよ!
fuuto200610-.jpg
こんな人いるの? まぁいるんだろうなぁ、ガチ鉄オタなんて一枚の写真から即座に車種と場所まで識別するらしいからね。けれどジャンピングターンをしてみせるなど、ナオさんではやらない動きをしてみせて「いや、すごい」「これはこれで…」と納得させたことから"ときめ版ふうとくん"は上々のようだ。

とはいえ やはり蒼炎群は虎視眈々と狙っていた。エターナルの意志を引き継ぐと勝手に思い込んでいるのだから たちが悪いったらありゃしない。そこを万灯につけこまれるのは造作もないことだろう。万灯が「諸君にピッタリのメモリを捜し出してきた」と渡したのはクラブ。
fuuto200610-1.jpg
メモリはどんなに強力だろうが適性が合わなければ意味がない。その点、クラブは蒼炎群にとってベストマッチらしい。テツはそれをヒカルに渡す。再度で最後のチャンスを与えるために──

そのヒカルは任務を全う。もっとも警察に追われて余儀なく変身する格好だけどね。
fuuto200610-2.jpg
右がそのクラブ・ドーパント。え~と、ライダーに登場したカニ型怪人としては異色なデザインだこと。長い脚からしてタカアシガニがベースなんだろうか? 対するWはヒートメタルで登場。そのポーズがこれまたワイルドだね。ヒートだけにカニをボイルしたり焼いたりするつもりなのだろう。
fuuto200610-3.jpg
しかーし! 万灯からもらったメモリだけにクラブは思いのほか強かった。負った傷を即座に完治するばかりか、放った熱線?はメタルロッドを切断するにとどまらず、地面をも斬り裂いた! ここまで強力な技を出せるのは完全に適合した証拠であり、ハイドープに違いないだろうね。
ラスト、クラブの攻撃に ときめが負傷!? いやそこは庇ったナオさんかもと予想します。
スポンサーサイト