blackjoke200729.jpg
『ヤングチャンピオン烈』連載、「ブラック・ジョーク」の10巻です。
書店でこの表紙を見て驚いたね。まだやってたの!? 1巻が出たのが2008年の9月でした。その時のレビュー↓
ブラック・ジョーク 1巻 架空の東京カジノ島でのバイオレンスアクション
以後、コンスタントに続刊されたけど14年8月に9巻が出て以来、ほぼ6年ぶりの新刊となりました。正直言って懐かしいというのが本音です。

ともかくだ! 久しぶりに読んで相変わらずのエロス&バイオレンスに酔いしれました。さすがCGを駆使して描いてる田口雅之氏だけのことはあります。今回は内容そのものよりも人物紹介だけに留めました。
blackjoke200729-.jpg
本来の主人公である吉良は今回ほとんど活躍せず。よってほぼ主役になってるのがこの小玉。頭はニブイけれど類い稀な戦闘力は他を寄せ付けません。何せ強化服を着て機関銃を持ってる戦闘員を、全員 拳だけで倒してしまうのだから剛力無双とは正にこのことだ。
blackjoke200729-1.jpg
その小玉になぜか想いを寄せるのがこの あかり。M字開脚アクションで読んでる男たちの目を奪うこと奪うこと。クールビューティーぶりは相変わらずですが、今回は敵側にも似たような美女が登場してセクシーバトルを演じてくれてます。
blackjoke200729-2.jpg
そして戦闘車椅子に乗るのがこの ランオーバー。半身不随のマフィア幹部ながら車椅子に数々のハイテク兵器を備え付けており、さながら007のボンドカーのように無類の強さを発揮してくれます。
blackjoke200729-3.jpg
今回の敵はグンニグルという特殊な戦闘メカを装着してランオーバーを苦しめます。実際、いつもの車椅子はこれによって壊されてしまいますから。けれど再戦するからには同じ轍を踏まないだろう。でもどうやって?
次の11巻で完結するそうで、来年までには出ればいいね!

ブラック・ジョーク 10 (ヤングチャンピオン・コミックス)
スポンサーサイト