fuuto200710.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の80話
ときめが入ってる ふうとくんへの攻撃を防いだオーロラ・ドーパントは、そのまま連れ去ってしまいます。エクストリームは追いかけたくてもクラブ・ドーパントの猛攻に、そんな暇などありません。そんなタイミングで現れたのが↑のアクセル。「風都を守った仮面ライダーは…一人じゃない」とは、映画『W&ディケイド MOVIE大戦2010』にて初登場した際のセリフ「風都にいる仮面ライダーは一人じゃないぜ」をイメージしたものだろう。

とはいえエクストリームでも歯が立たない相手ではアクセルとて同じこと。二人がマキシマムドライブを使ったところで即座に再生するのだから攻撃する意味がないというものだ。
fuuto200710-.jpg
ヒカルは仮面ライダーの力では俺たちを殺せないと判断したようで そそくさと帰ってしまう。ライダーにとっては屈辱的な幕引きだ。その際「風都タワーは俺たちが叩き斬る。…地獄を楽しみな!」とのこと。「地獄を楽しみな」とはエターナルの大道克己がよく言ってたセリフなんです。

一方、オーロラは万灯に戻って ときめに語り出す。「変わらないね ときめ」「あの日を思い出し始めたという事か」など、昔の ときめをよく知ってる模様。
fuuto200710-1.jpg
歯が浮くようなセリフを並び立てて「君は私の一番の宝物だ」と言うのだから告白してるようなもの。翔太郎に身を預けてるのは「君が熟成する時」を待っているからと言われても、読者にとってもチンプンカンプンだわな。
fuuto200710-2.jpg
更に「君は私を 「ユキ」って呼ぶのさ」だなんてキザなセリフをよく言えるもんだ。そこにエクストリームが駆けつけた! ときめにとっては万灯は元カレ、翔太郎は今カレって感じなんだけど、ときめの正体っていったい何なの!?
スポンサーサイト