toujima200731.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の25話
前々回にて蜘蛛男に襲われて命からがら逃げのびた二葉。ショッカーが本当にいたことを三葉とユカリスに話すも、とっくに知ってました。つーか、ユカリスは戦闘員だし。これで一葉の言っていたことが本当だったと認識するも、幼い頃からの奇行で私がいじめられていた過去が変わるわけも無し。今後も兄を見たら蹴り飛ばすだろうと思う二葉でありましたー。

一方、蝙蝠男によって戦闘員にされたアイドルたちに追われた中尾と子分たち。丹三郎の部屋に匿(かくま)ってもらっていたけれど発見されてしまいます。だって中尾は戦闘員なのでテレパシー?か何かでお見通しだった模様。
toujima200731-.jpg
中尾は逃げようとするも子分が捕まってしまう。が、子分は意を決したようで中尾が逃げるよう指示。力及ばずながらも孤軍奮闘して時間を稼いでくれました。そこに丹三郎が帰って来たことで中尾は泣きながら現場を脱出します。
が、そこに強力な戦闘員が登場だ。女子プロレスラーの「サンダー・ライコ」である。
toujima200731-1.jpg
ライコは怪人になってショッカー最強になるのが夢。怪人になるには裏切者を100人始末しなければいけないと勝手に決めつけており、そのため他の戦闘員は身を引けと命令。力づくで言い聞かせます。
こうして中尾とライコの戦闘員対決が始まるわけですが、プロレスラーだけにライコは圧倒的。でも丹三郎にバトンタッチしたことで状況は一変!
toujima200731-2.jpg
文字通りのワンパンで倒しちゃいました。やはりライダーのお面を被るとライダーに成り切れるってことでしょうか。落ち着いたところで子分たちを倒された中尾は泣きながらショッカーと戦うことを誓います。幼い頃からショッカー好きだったのにここに来ての反転は、子分たちへの鎮魂歌ってことでしょう。
スポンサーサイト