boku200831.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問171
授業?で海水浴の生徒たち。小さな島だからプールが無いし、必要もないってことかな。先生である唯我が見張ってるのは当然として、先輩も養護係の経験として付き合ってくれました。ウエットスーツとはいえ輪郭がわかる曲線美に唯我は目のやり場に困り、それを「ムッツリ先生」と茶化す先輩。これに生徒たちが反応して一層 賑やかになってしまいます。

が、これが気に入らないのがタイチ。唯我が来る前まで生徒たちのリーダーだったのに、今は唯我が中心になってるのが我慢なりません。そこでナオを引き込んでのイタズラをすることに。
boku200831-.jpg
でも先輩を巻き込んでのスケベイベントになってしまうのが
ラブコメならではだね!

つーか、唯我はむしろ先輩と密着できて役得しかないよな。
とはいえこんないいことばかり続くわけもありません。タイチが岩場から滑り落ちるのを助けようとして、先輩とナオがたおれてしまいます。
boku200831-1.jpg
そんなタイチを叱らない唯我。なぜならもう反省してるから。生徒が間違えた時は次に同じ過ちをしないように導いてやるのが先生の仕事だそうだ。唯我が教師になって生徒に語り掛ける初めての励ましの言葉じゃないだろうか。
またタイチから「先生も あすみのこと 幸せにしてやれる男になりたいたいのか!?」と訊かれて
boku200831-2.jpg
こう答えます。はて、「大切な人」と言わせるようなことあったっけ? と正直思ったけれど話が進まないのでそういうことにしておきましょう(笑)。
戻った頃にはすっかり陽が暮れてました。
boku200831-3.jpg
気絶から覚めた先輩は多少の怪我をしていても元気に振る舞ってます。なぜなら先ほどの言葉を聞いていたから。唯我はその理由を知るハズもなく、知ったら知ったで顔を真っ赤にして否定するのは間違いないだろうね。
スポンサーサイト