boku200928.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問175
台風が迫る中、マサオとサヤカは飼い猫を探して桟橋に行き取り残されてしまう。水が嫌いな猫がどうして桟橋に居たのかは謎だけどな! ついでに言わせてもらうと「猫は魚が好き」だなんて思ってるのは日本人だけだからね(世界的には肉食がメイン)。明治時代になるまで肉をほとんど食べなかった日本人は、代わりに魚を他国より多く食べてました。その影響で飼い猫にも魚を与えるようになり、いつしか「猫は魚が好き」となったという説が有力です。

風も雨も強くなっている現在、救えるのは俺しかいないと唯我は命綱を身体に縛りつけて海の中へ。でも一人で二人を抱えて戻るのは無謀だと、先輩も一緒について行くことになりました。
boku200928-.jpg
その道中で無事に戻ったら俺の気持ちを聞いてほしいと語り掛け、恥ずかしながらも首を縦に振る先輩デス。ちょっとこれ卑怯すぎやしませんか? こんな状況で言われちゃ断れるわけねーじゃん! この場面を見た志摩さんはボーっとしてしまい…諦めたのかな?

無事に二人を助けたけれど陸に上がろうとしたところで流された唯我。それを助けたのは先輩の親父! でも風で飛ばされた桟橋が二人を襲う。
boku200928-1.jpg
唯我は内臓損傷による腹腔内出血で緊急手術を必要とする事態に。手術と聞いて緊張する先輩。大丈夫、冷静に親父のサポートに徹していればいいと自分を落ち着かせるも、親父もまた腕を骨折してました。
boku200928-2.jpg
ならば私がやるしかないじゃん!
覚悟を決めた先輩は助手から執刀医にチェンジです。これ、場面が場面なだけに許されるんだよね? 縫合を上手くやれるよう教えた唯我ですが、教えた先輩の縫合第一号らなるとは夢にも思わなかったことだろう。

ぼくたちは勉強ができない 19 (ジャンプコミックスDIGITAL)
スポンサーサイト