kinsho201010-.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の153話
学園のセキュリティーを掻い潜り、後方のアックアが当麻たちの前に現れた! 五和は「天草式の本隊は(何をしてる)?」と不思議そうにしたら、投げつけたのは建宮の首飾り。もう先に片付けたらしい。つまり今、当麻を護れるのは五和しか居ないということだ。

ローマ正教の刺客であるアックア。もちろん狙うのは当麻の首かと思ったらちょっと違いました。
kinsho201010.jpg
全ての元凶は特異体質である右腕。ならば命は奪わなくとも、右腕さえ差し出せば命だけは助けてやろうと言ってきた。あぁこの人は敵だけれど情けはあるんだなと思ったね。
でもはいそうですかと差し出すわけにもいきません! そこでバトルに突入なんだけど、唯一の護り人となった五和に容赦ない攻撃をするんですよ!
kinsho201010-1.jpg
痛そう~
5mはある金属棍棒を容易く振り回し、直撃してる五和が死なないのが不思議なほどだ(あるいは手加減してる?)。
ケタが…違い過ぎる
こいつは本当に人間なのか

当麻がこう思うのも無理ないだろ。そして今度は当麻の番だと棍棒が振り下ろされ──

五和の意識が戻ったとき、当麻は既に倒れてました。しかも頭部からの出血がひどい有り様。急いで手当しようと回復魔術を使っても、幻想殺し(イマジンブレイカー)の能力で治療できません。
もう良いかとアックアが迫る!
kinsho201010-2.jpg
こんなに酷い五和なんて見たくねーよ!
私しかいないんだ! 必死に当麻の盾となります。その気持ちに応えるように「回復魔術のおかげでちょっと元気が出た」と当麻が立ち上がります。元気が出ただなんてもちろん嘘でしょう。幻想殺しは健在ですから。でもたった一人でアックアに立ち向かう姿を見たら、こうするしかなかったんだね。
kinsho201010-3.jpg
その果てに当麻は巨大棍棒の餌食となってしまいます。このまま殺すことも右腕を斬り落とすことも出来たのに「一日待つ」と、あくまで自主的に腕を差し出す猶予を与えるとはナイスガイとしか思えないんだけど!
ともかく成す術なく敗れた二人。生き残るには言われるがままにしなければいけないのだろうか!?
スポンサーサイト