boku201018.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問178
いよいよ最後にして最大の見せ場である?桐須先生編の始まりです! まさかこれが終わってから新主人公を据えての「2」が始まらないだろうね!?

卒業から数年後、唯我は母校の一ノ瀬学園の新人教師として着任し、桐須先生はその教育係となりました。高校の教師になるには最低でも四年制大学を卒業しないといけないことから、卒業から少なくても5年経ってることになります。てことは先生はほぼアラサーなわけで…この間に付き合う男性は居なかったの? まぁあの性格だから付き合ったとしても即別れるのは目に見えてますな。

先生は相変わらず生徒にも先生たちからも人気が高く、唯我は早く桐須先生に認めてもらえるぐらい立派な教師になりたいと思ってます。しかし家庭の環境がそうさせてくれません。
boku201018-.jpg
中学生になった葉月と和樹は育ちざかり。部屋で和樹は空手の筋トレを行う一方で、葉月はピアノの練習。それも学校のアイドルなんだと。隣の部屋では大学生になった水希がうるさいと怒鳴りつける有り様。

兄妹の成長で手狭になった我が家に居ては授業準備に集中できない。ならば自立したいけれど部屋代が高くてそうもいかない…という時に会ったのは以前のバイト先の天田店長! ランジェリーショップや 手もみリラクゼーションなど手広く商売してたけれど、今度はマンション経営を始めたんだと。よしみで格安で部屋を提供してくれるとのことで、晴れて「自分の城」を手にした唯我です。
boku201018-1.jpg
が、隣のマンションは桐須先生の部屋だった!
ってか、カーテンを閉めずに着替えするか普通? 俺でもそんなことしねーよ! まぁこれが先生の持ち味なんだろけどね。ちなみに先生と天田店長は元同級生で、先生も紹介で入居。ところが隣に建てたマンションの部屋に近くなってしまい、そこで知り合いの唯我を格安条件で入居させたとさ。

隣りが先生の部屋。あらぬ考えをしないわけではないけれど、むしろ隣りが上司なことを好都合と切り替えます。いや、切り替えようと思ったんだけど桐須先生の方から窓をバンバン叩いて緊急避難してきましたよ!? 部屋にGが出たんだとか。
boku201018-2.jpg
部屋に行ったら下着を干したまま隠しもしません。つーか、以前以上のゴミ屋敷と化していたことに唯我は言葉を失います。かくして5年前の再現で、唯我は度々先生の部屋を掃除をするハメになるのは確実でしょう!

ぼくたちは勉強ができない 20 音声ドラマ&ミニ画集付き同梱版 21年1月4日発売
スポンサーサイト