kenshin210104.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第32幕
陽動役として劍客兵器の拠点の正面で戦っている明日郎。何人と打ちのめしても次から次へと兵士が湧いてくるのでキリがない。しかも上の画像のようなホモホモしい兄弟まで出てくる始末。へー、劍客兵器でもこんな変なヤツがいるんだ。頭にきた明日郎は剣心から「絶対に抜くな」と言われていた無限刃に手をかけるも、そこに剣心が到着。龍巻閃 凩(りゅうかんせん こがらし)の一撃でアッという間に倒してしまいました。

拠点の内部では雨読と阿爛が対峙中。アルミニウムを矢のように飛ばしてくる攻撃に手を焼いている阿爛は火薬を周辺にぶちまけた。金属が鋭く衝突すれば火花が飛び散る。だから攻撃は出来ないと考えての行動です。けれど雨読は構わず攻撃! 阿爛は右目の上に傷を負った。
kenshin210104-.jpg
バーカ!! 金属は金属でもアルミニウムは鉄と違って火花が出ないんだよ
知識はあれども中途半端 覚悟を持ってしても中途半端

と罵ります。もはや打つ手なし! 万策尽きた観柳は「負けましたーツ!!」とあっさり土下座。そこに剣心がやって来て「五年前とまるで変ってござらんな」「通じぬ相手とわかれば恥も外聞もなく へつらい保身に走る」と侮蔑する。
kenshin210104-1.jpg
観柳の弟子になった?阿爛には「これが金の亡者の惨めな成れの果て」だと、引き続いて侮辱をやめません。
これに観柳の気持ちが爆発だ!
うるせええ!!!
こちとら生まれた時から貧乏人! 明治になっても貧乏人!
てめえら土で作った粥を喰ったコトあるか? 雑草だけの鍋を喰ったコトあるか?
何一つ点から与えられなかった"持たざる者"が人並み以上になるには金しかねえ!!!

金の亡者!? 結構結構! 金の亡者で大結構!!
と、胸の内を包み隠さず吐き出します。この「心の叫び」には私も少なからず頷けますね。たとえ泥水をすすってまでもやめない金儲けの姿勢には感動すら覚えますよ。
kenshin210104-2.jpg
その観柳を見ていて気が付いた阿爛。地面に手を着いてない! 土下座じゃなくて土下座のフリ!!
そう、「金は差し上げますから どうか命だけはお助けを」と言ったのは真っ赤な嘘。隙あらば逃げ出そうという意思が「土下座のフリ」をさせていたのだ。
意図を汲み取った阿爛は叫ぶ。「明日郎! 無限刃を抜け!!」 それによって火花が発生すれば火薬に引火して大爆発は間違いない。観柳さんならこの機を逃さず逃げるだろうと。
kenshin210104-3.jpg
ところが観柳にはその覚悟が無かった(笑)
いや、逃げる気はあっただろうよ。ただし安全策で。でもこの場合は大爆発を伴う危ない行為であり、そこまでしてまで逃げるつもりは無かったみたいですヨ。
見事ドカーンと大爆発の爆発オチで終わった今回。このノリなら次回は全員アフロヘアーになってたりして(ねーよ)。
スポンサーサイト