咲-Saki- 龍門渕の勝利目前。しかし咲の瞳は輝きを失わず

saki081107
後半戦開始早々、またしても衣の海底撈月(ハイテイラオユエ)が発動する
『ヤングガンガン』連載、「咲-Saki-」の第42局
大将戦後半開始は東家の池田から。点数差を考えれば逆転は絶望的。だからこそこの親になっている場面で勝たなければと意欲を燃やす。
しかし衣の超能力めいた腕前は池田のみならず咲・加治木らも包み込む! またしても足元から徐々にせり上がってくる海水(のイメージ)は胸元、首と上り詰めて全身水没へ。そして3回目の海底撈月を成す!

偶然でしか成し得ないような役を三度も成功させる衣に記者・アナウンサーとも驚きを隠せない。その中で藤田"カツ丼大好き"プロは嶺上開花の可能性を残していた咲に注目し、衰えぬ眼光を見てつぶやく。
 気をつけろ 衣── そいつはまだ生きている──!!

衣の親番。もう点差は安全圏に近いとはいえ手を抜くハズもない。点差と残り局数から池田はそうそうオリられないことから衣は読みやすくなっていた。正に絶好のカモ!
saki081107-
池田が自信を持って捨てた牌に衣は空かさずロン! しっかりと池田を狙い撃ち。しかも点数を考えて手を安くした上でのロン。これにより風越の点数を0点ピッタリに合わせる。
手を安くしなければその瞬間に風越がトんで龍門渕が勝っていたのにと透華はおかんむり。でもこれは衣にとって自分を見せ付けるための行為なのだ。なぜならこれで風越以外がツモ和了りしたらその時点で風越がトんで龍門渕の勝利となる。
"ツモ和了りしたら負け"という足かせは「衣にはどうしても適わない」という存在感を知らしめんが為の、高みから見下ろす戦略なのだ。

ツモ和了りができない=嶺上開花ができない。得意手を封じられた咲にもう手段は残っていないのか?
saki081107-1
しかし咲は笑っていた。龍門渕の勝利目前で矢が尽き 刀が折れた状態なのに、まだ笑うことができるとは一体どのような手段を使うというのか。それは一ヵ月後の12/5発売まで待とう!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
今週の池田華菜
「もうやめて!池田の点棒は0よ」 ('A`)

王者の余裕みせる衣。でもどう見ても敗北フラグ。
最終的にトリプル役満の直撃をくらうとか、K1君的にw
まあ、無難な所で、四槓子絡みのダブルツモと言ったところかな?
2008/11/08(土) 09:35 | URL | 七夜 #-[ 編集]
試合後には灰人になった池田が・・・っ!?
池田「もう・・・麻雀なんてうたないよ・・・・」
2008/11/08(土) 17:17 | URL | 燃え尽きた #-[ 編集]
誰かア○ギ呼べ
ツモ和了り無しで嶺上開花というと消去法で大明槓による責任払いだが最近は採用してないところ多いし、直撃はまず無いだろうから点差を考えると役満ツモしかないか   とはいえ、衣が負けフラグ咲に勝ちフラグが見事に立ってるのでドキドキハラハラ展開というのはまず無いでしょう
2008/11/08(土) 18:08 | URL | 名無し #-[ 編集]
>七夜さん
そりゃこのまま終わるハズもありませんからね。藤田プロからの「麻雀を打たされている」の意味を知り弱くなる展開とか?
2008/11/09(日) 22:24 | URL | ビート #-[ 編集]
>燃え尽きたさん
それより先にコーチ&部員からフルボッコされるかもしんないことを考えると気の毒です。
2008/11/09(日) 22:43 | URL | ビート #-[ 編集]
>名無しさん
咲が役満を狙うのは成り行き上 確実。どのようにするかが楽しみです。
2008/11/09(日) 22:48 | URL | ビート #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1115-293ea0e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック