キミキス 星乃結美編 最終回 東雲版キミキス感動をありがとう

『ヤングアニマル』連載、作画/東雲太郎「キミキス various heroines」星乃結美編の最終回

2006年17号に摩央姉ちゃん編の掲載が始まった東雲太郎版のキミキス。以後、明日夏編・深月編・瑛理子編と来て星乃結美編の今回をもちシリーズ終了となりました。その最終回を見逃すな!

輝日南祭が終了し図書室で会う光一と星乃さん。チアガール姿でサッカーの試合を応援する場面は一切無しですか。何のためのチアガールの練習だったのだろう…
もうクラスのみんなとお別れしてきたそうでここに居るのは二人きり。残り少ないこの時間に星乃さんは胸の内を打ち明ける。
一年の頃から好きな人が居た 同じクラスなのにろくに話しかけてくれなくて…
だからその人が"友達になってくれませんか"って言ってくれたときはすごく嬉しかった
…私ずっと 相原君のことが好きだったの


やっと言えたこの言葉 やっと伝えられたこの気持ち。これに光一も応える。
僕は君が好きだ 僕も一年の頃から君のことが好きだったんだ
星乃さんは光一のことが好きな故に転校することをなかなか言えなかった。光一も好きと言うと星乃さんを苦しめそうだから言えなかった。二人の気持ちは重なり合う。
転校しても 心は… ずっとあなたのそばにいるわ…
この後、星乃さんは長イスに寝そべりながら光一からキスされます。この続きがあったかどうかは各自で脳内補完してください。

──1年半後
どこかの大学の入学式。星乃さんのところに光一がやって来る。
また ずっと一緒にいられるね
同じ大学に入ったようです。別れてからも光一は学校に内緒でバイトして資金を集め、星乃さんのところへ何度も会いに行っていたとのこと。もう二人はすっかり恋人同士だ。
彼と会うたび 彼に支えられるたび
彼なしでは生きていけなくなる自分がわかる
あなたを愛してます

そしてキスして星乃結美編これにて完結!

東雲太郎先生 二年間の感動をありがとう!!
このシリーズ思い出すのは摩央姉ちゃん編の4話。私はシリーズ最高のエッチ場面だと思うのですけどどうでしょう? 当時の当方はまだYahoo!ブログ時代。何しろレビューしたら訪問カウンターの数が異常なぐらい多くなって結局その日は3万を越すアクセス数になったことを今でも記憶してます。それほどあの話はインパクトが強く忘れ難い思い出があります。

やはり今度はアマガミなんですかね? まぁ発売してみないことにはわかりませんがハズレるとは思えないのでコミカライズは間違いないでしょう。その日が来ることを待ってます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1124-e83b0f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック