ぶ厚いドラゴンエイジピュアを購入。こんなに大きくした意味あるの?

pure

今日も5時間残業でパソコン前に座ったのが23時45分。こんなんで今まで通りの更新ができるわけないじゃん! ってことで頭の回転が確実に鈍っている現在にできることといえば簡易更新になってしまいます・・・最近こんなんばっかだな。

『月刊ドラゴンエイジ』の増刊として去年の1月末、6月末、11月末と五ヶ月ごとに発行されてきた『ドラゴンエイジピュア』。やはり今回も11月末から五ヵ月後に発売されました。このVOL.4から隔月刊化となったのを記念してか、いつも表紙を飾っているいとうのいぢ先生のキャラクター・九条蜂恵(「bee-be-beat it!」という作品の主役)のフィギュア付きとなりました。

雑誌の装丁が本誌とほぼ同じぐらいのフィギュア専用ボックスが対となっており、そのぶ厚さたるや『コミックボンボン』『ドラゴンエイジ』の比ではありません! 最初見たときは「けっこう仮面」とか連載してた当時の『月刊少年ジャンプ』かと思いましたよ(誰も知らんわな)。
pure1
フィギュアの出来はそこそこ。頭・胴体・鎖分銅・台座の4パーツになってます。特に鎖分銅は実際にチェーンになってますからどうやってフィギュアに生かすかはご自身のお好み次第で楽しめますよ。

ところでフィギュア用ボックスはジオラマ台にもなるとのことで実際に組み立てたのがしたの写真になります。
pure2
正面だけならいいように見えますけど横から見たらバカ丸出しなジオラマ台・・・こんなの作るだけ時間のムダとしか思えません!
フィギュアボックスが紛失だの盗難だの恐れを考えてこんなに大きな箱にしたかもしれませんけど、少なくともジオラマ台としての役割は貧弱すぎると言っておきましょう。
ちなみにフィギュアのパンツは白地にピンクの縞入りですよ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/117-83077a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック