メガミのカゴ 2巻 風紀委員など新キャラ追加でますます賑やかに

megami081214
『まんがタイムきららフォワード』連載、「メガミのカゴ」2巻が発売されました。
文武両道でメガネっ娘の宮本明美はどう見たって「委員長」。だったら本当に委員長にしてしまえと、友人の南が生徒会長に掛け合って作ったのが「乙女の鏡 委員会(メガミ委員会)」。生徒の悩みごと・困りごとに相談に乗る委員会で、意見を書いた紙を籠に入れてもらいます。これがタイトルになってる「メガミのカゴ」。籠と加護を掛けてるんですね。

今回は学校的に大きな改革がありました。実はソレがメガミ委員会発足を許可した理由の一つだったことも明らかにされます。が、それは置いといて「委員長」のイメージといったら確かに宮本さんみたいにメガネっ娘で優しく文武に秀でた子が思い浮かぶ一方、性格がちょっとキツ目で何かと物事に注意するタイプの子も「委員長」のイメージがあったりします。
2巻冒頭に登場するのがこのタイプ。風紀委員の八重樫琉子さん。
megami081214-
衣服のちょっとした乱れでも注意して反省文を書かせることに多数の生徒から「メガミのカゴ」へ投書が来ます。なぜそうするのか、それは先代の生徒会長から校風を守るよう頼まれたことへの彼女なりに示した態度だった。この時に会長が八重樫さんを抱きしめる、ちょっとしたズーレー行為があってこれにニヤついてしまいました。性格はキツいながら後輩の勉強を見てくれるなど、ツンデレ要素の子だね。

前述した大きな改革とは女子高から共学への変更のこと。男性の本能からすりゃガッカリかもしれませんが作者的には舞台設定が広げられて話に幅ができました。実際、宮本さんを慕う男子生徒はこれまでに無かった熱血漢で、ギャグに・オチに便利に使われてます。
megami081214-1
その宮本さんは今回はスク水を披露。やけにバストが強調されてたり股間をアピールするような描写は読者サービスですかね。縄で縛られる場面もやはりバストに目がいってしまいました。
共学となって新キャラも増えた委員長コメディ漫画「メガミのカゴ」。女性作家ならではのキャラクターの優しさと、時には強い意志を示す宮本さんの活躍に注目です。
 <過去記事>
メガミのカゴ 委員長に任命された女の子が悩み事を解決する委員長コメディー(8/16)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1170-6c816c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック