オトメキカングレーテル 1巻 キスして特殊能力をコピーする百合少女

otome090103
『コミック百合姫S』連載、「オトメキカングレーテル」の1巻です。
紹介の前に『コミック百合姫』『コミック百合姫S』について調べたんですけどコレって不思議な雑誌ですね。1月、4月、7月、10月に出るのが『コミック百合姫』。3月、6月、9月、12月に出るのが『コミック百合姫S』と分かれてます。1字だけ違っても別雑誌扱いなので当然連載陣も違うのですが、なんでこんなややこしい作りなんだろう?

さてこの作品、表紙からすると普通の女学生ものと思えますけど実は怪物退治ものなんです。全く知らないまま読んだ私は表紙から想像できるイメージと全然違ってて驚きましたよ。
時は近未来。10年前に突如現れたフォルミーカと呼ばれる数メートルの怪物の群れにより、地球上の砂糖の八割以上が食い尽くされる甚大な被害が発生した。別に人類絶滅の危機とかいう深刻な事態ではないものの、深刻だろうのは甘いものが好きな若い女性。そこで対フォルミーカ対策としてグレーテル機関なる組織が創設される。

名門・聖ミルフィーユ学園に入学した巫女志摩ユウ(みこしま ゆう)はちょっとズーレーな女の子。これから始まる24時間フルタイム女の子ワールドに心ときめかせるのも束の間、いきなりミタカ ナギなる上級生(表紙の長身の子)から「貴女を待っていた 運命のパートナーよ」などと言われて流されるままにキス。

そこへフォルミーカ出現のサイレンが。全校生徒は一斉に陣を敷く。実はこの名門校はグレーテル機関が作った対フォルミーカのエキスパートを養成する学園であり、生徒はそれぞれに何らかのオーブ(魔法みたいな能力)を持っていた。ワケの解らないユウはフォルミーカに襲われるものの、とんでもない怪力で弾き飛ばす。ユウ自身は知らなかったがキスすることにより相手のオーブをコピーできる能力を秘めていたのだった。
otome090103-
これにより怪力のオーブを持つナギと炎を操るオーブのマリヤ、この二人とユニットを組みフォルミーカを退治していくお話です。
ユウ自身は何の能力は無いもののキスすれば相手の能力が使えるというのがミソ。正確にはキスではなく体液を摂取することが発動条件なので、訓練だろうと舌を絡め合うディープキスをしてしまうのがいいんじゃないでしょうか(笑)。ボーイッシュで言葉使いが乱暴なマリヤはキスすることに抵抗感があるものの、大好きなプリンを作ってもらった礼としてキスをするエピソードは実に女の子らしい場面を拝見できました。
otome090103-1
でもやっぱりユウ×ナギはガチで百合! 風呂に入って「キスだけでモノ足りなくなったら いつでも言ってちょうだい」なんて、将来それ以上の展開があると期待できますね。
ところで! 体液を摂取すればいいのだから何も唇じゃなくても別のところから…いやなんでもない。

オトメキカングレーテル 1 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)
オトメキカングレーテル 1 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)
すどお かおる

関連商品
flower*flower 1 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)
カシオペア・ドルチェ 1 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)
HONEY CRUSH 1 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)
コミック百合姫S (エス) 2009年 02月号 [雑誌]
まなつラビリンス 1 (1) (バーズコミックス)
by G-Tools
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
百合姫は~
初めてコメントさせてもらいます。百合姫についてですが、百合姫も百合姫SもZERO-SUMの増刊扱いのため、雑誌に振り分けられている雑誌コードの関係上毎月ZERO-SUM本誌ともう1冊しか増刊を出せません。
ですので百合姫が1・4・7・10月に出て、
ZERO-SUM増刊が2・5・8・11月に出て、
百合姫Sが3・6・9・12月に出るようにしてローテーションで1つの雑誌コードで本誌を含め4つの雑誌を発行しているのです。雑誌コードを取るのもお金と手間がかかりますので、一迅社的には無駄にせずにフル回転で雑誌を出していこうということだと思います。
百合姫は自分も毎回購読しているのですが結構高くてそろそろ心が織れそうです…。
2009/01/04(日) 00:17 | URL | 名無し #-[ 編集]
補足です
はじめまして。
百合姫に関してちょっと補足です。
元々マガジン・マガジン社で発行されていた季刊誌『コミック百合姉妹』が休刊、一迅社がそれを引き継いで季刊で『コミック百合姫』を創刊、一昨年に姉妹誌として季刊で『コミック百合姫S』を創刊という流れだったんですね。
『百合姫』を隔月化せずに『S』を創刊したのはライバル誌もない中で編集部内で互いに競わせようという意図もあったみたいです。一応『百合姫』が女性読者が多く、『S』が男性読者が多いという形で色分けは何となくできているみたいです。あと一応一昨年あたりに『百合姫』も独自の雑誌コードを取得していて『S』が『百合姫』の増刊となっています。
この二誌とは別にアンソロコミック形態でTL系の『百合姫Wildrose』というのも不定期で発行してます(最新号は来月発売予定です)。
ちなみに芳文社から百合漫画アンソロ本『つぼみ』というのが来月出ますが、これは2・5・8・11月と定期的に刊行されるみたいで事実上の百合漫画雑誌みたいですね。
2009/01/04(日) 22:46 | URL | 康芳英 #HfMzn2gY[ 編集]
>名無しさん
情報ありがとうございます。雑誌コードの問題があったとは知りませんでした。そういったことでの刊行があるのですね。
2009/01/04(日) 23:08 | URL | ビート #-[ 編集]
>康芳英さん
これまた情報ありがとうございます。百合姫Wildroseは知りませんでした。検索すると結構スゴそうな内容なようので見てみたいと思います。
2009/01/04(日) 23:17 | URL | ビート #-[ 編集]
「百合姫」が女性向け、「百合姫S」が男性向けってハッキリとどっかで書かれていたような
2009/01/05(月) 09:44 | URL | 名無し #OJx7eYrU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1200-d8aa9733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック