エンマ 2巻 冥界より時空を越え現れる少女は切なさと共に

enma090106
『月刊少年ライバル』連載、「エンマ」の2巻が発売されました。
『ライバル』連載陣においてギャグを除き唯一の一話完結もの。そのどれもが切ない物語になっており決して勧善懲悪では終わらない、考えさせられる内容になってます。

エンマは閻魔王から遣われし少女。今の冥界は"人の無益な殺生"により死者に溢れ、閻魔一人だけでは裁ききれなくなっている。これ以上 死者を無駄に増やさないために"人を多く殺す人物"の下へエンマは出向いて説得に当たる。それでも言うことを聞かない者にはエンマが骨を抜いて殺してしまうのだ。
彼女の出現は時と場所を選びません。この2巻では紀元前の古代エジプトの話があるかと思えば19世紀のインドの話があったりと、時空を越えいかなるところでも彼女は現れます。

1話完結のメリットはその回ごとに自由に設定が変えられること。もっともそれだけ多くの引き出しを持っていなければ話が続きませんが、それでも一定レベルの内容でいられるのがこの作品のスゴいところ。
enma090106-
結局は"人を多く殺す人物"が言うことを聞かずにエンマの手にかけられるのですが、その理由が「大切な友達と別れたくない」とか「昔 誓った約束を守るため」だとか、損得勘定で割り切れない思い出に訴えかけてくるだけに読んでるこっちも考えさせられてしまいます。
またそんな人たちと触れ合うことでエンマ自身も成長していく姿がいいですね。

とまぁいかにも感想らしいことを書いたところで邪(よこしま)な感情を持ってる私はエンマたんの決して豊満ではない微乳な横チチが好きでこの漫画を読んでるんだな(゜∀゜)
enma090106-1
こんな具合だ。以前1巻の紹介の時にも書いたけど巨乳の横チチなんて全然珍しくも無い! あまりないオッパイでありながら横チチがあるところに惹かれるんですよ!!
「貧乳はステータスだ」なんて言葉がありましたが私はこう言いたい。
「貧乳でも横チチが見えればグッジョブ!」だと!
 <過去記事>
エンマ 少年ライバル連載の「無い胸 横チチ萌え」漫画(8/5)

エンマ 2 (2) (ライバルコミックス)
エンマ 2 (2) (ライバルコミックス)
ののやま さき

関連商品
エンマ 1 (1) (ライバルコミックス)
ぬらりひょんの孫 3 (3) (ジャンプコミックス)
Luck Stealer 3 (3) (ジャンプコミックス)
絶対博士コーリッシュ 2 (2) (ライバルコミックス)
PandoraHearts 7 (Gファンタジーコミックス)
by G-Tools
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1204-bd8eecb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック