仮面ライダーをつくった男たち 昭和ライダー世代なら泣ける一冊

kamenratder

kamenratder1
「英雄(ヒーロー)は絶対に死なないんだ!」藤岡弘の怪我により別のライダーが企画されるも、平山プロデューサーのこの言葉によって二号ライダーが登場することになる
少年マガジン06年43号、07年6~8号に掲載された計4話の「仮面ライダーを作った男たち」がようやく単行本となって発売されました。昭和の仮面ライダーを見て育った者にとっては「こんなことがあったのか」と懐かしく思う反面、様々な苦労を知る内容となっており世代直撃の私にとっては泣ける一冊の何ものでもありません!

1話は仮面ライダーほかキョーダインやアクマイザー3など多くの東映特撮のプロデュースを手掛けた平山亨氏からの視点によるライダー誕生への物語。
当初クロスファイヤーという企画が通るも石森(石ノ森)章太郎氏から「しっくりこない」と言われて出されたのがドクロの仮面をしたスカルマンのデザイン。
しかしこれではスポンサーの許可が降りず平山は石森に何度も頭を下げることに・・・
その後、ドクロはバッタに似ているということからバッタをモチーフにしたラフデザインを何枚も描き
kamenratder3
息子に好きなデザインのを選ばせたものが仮面ライダーの原型となりました。そこから全てが始まっていくわけです。

2~4話はライダーの殺陣を担当した大野剣友会の紹介になりますがこれは本誌掲載時にやった下記記事をご参考ください。
仮面ライダーをつくった男たち 大野剣友会編のまとめ(1/28)
kamenratder2
3話にてアトラクションでライダー(中は故・中村文弥氏)のピンチに応援する少年。これは中村氏の長男である昌弥氏ですが、この昌弥氏からの寄稿が巻末に載っておりこれが私の涙腺を緩ますのですよ・・・
まぁ詳しくは書きませんけど「中村文弥、あなたは僕の・・・・仮面ライダー。」と締めくくってところで泣かずにはいられません!

巻末の特別寄稿やライダー古戦場紹介などもあって値段が714円(税別)とちょい高めですけど仮面ライダーを見て育った者にとっては是非読んでいただきたい一冊です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
泣けるでぇ
雑誌で読んだよ!
発売日に買ったよ!

BLACK世代だけどこれはよかった。
『仮面ライダー 本郷猛の真実』と併せて読みたいところです。
2007/04/29(日) 00:14 | URL | バルタ #mvx.TCi6[ 編集]
>バルタさん
この作品は感動しました。当時をリアルタイムで見ていた私にとっては泣かざるを得ない内容でしたから。
2007/04/29(日) 23:15 | URL | ビート #-[ 編集]
叔父さん
祖母の葬儀で叔父さんからこの話を聞き本を買いました、感動しました泣けました。
以前、叔父さんは大野剣友会に所属していて「仮面ライダーをつくった男たち」にも出ていました。
2007/06/17(日) 09:53 | URL | ハジメ #-[ 編集]
>ハジメさん
へぇ~、関係者の身内様からの貴重な話ありがとうございます。
2007/06/18(月) 00:19 | URL | ビート #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/122-5a649885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック