コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー  暴かれるシャルルとマリアンヌの過去

nanary090127
『コンプエース』連載、「コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー」の24話
終局なので今回は伏線の回収というか未出設定の発表というか、絵で見せるのではなくセリフの羅列という感じがしましたね。よってレビューする方も楽じゃない(笑)。いったいどうやって書こうかなと。
つーか、コミックスはあと1巻で本当に終わるのかしらん? そろそろ終わる、終わるハズだと思い続けて数ヶ月経っているのですけど。この場になって"もう1巻出ることになりました"だなんてことにならない?

シャルルと対峙するナナリー。後ろからはアーニャが。いや、それはアーニャに人格を憑依したマリアンヌだった。8年前に死んだハズの母がなぜ生きてるの? その理由はシャルルによって今までの全てが語られます。
シャルルの父は市民のための政治を目指す理想家で、そんな父をシャルルは誇らしく思っていた。ところが凶弾により父・母・そして自分も殺されてしまう。
nanary090127
しかし既に宿していた"ザ・デッドライズ"という不死のギアスによりシャルルは蘇えった。この力は死んだ者を蘇らせるばかりか自分の意のままに操ることができる覇道のギアス。これを使って暗殺しては操り人形にする行為を繰り返し、シャルルはやがて皇帝の座を得る。

シャルルの政治は恐怖政治。歯向かう者には容赦しない。それは父が目指したものと全く違うものだった。そんなシャルルに苦言を呈したのがまだ若きマリアンヌ。期を見て殺してやろうと身近に置いたものの、やがて愛し合うようになって生まれたのがルルーシュとナナリー。マリアンヌと子供に囲まれシャルルも市民のための政治を志す。だがそんな平穏な日々は続かなかった──
nanary090127-1
マリアンヌを殺したのはアーニャ! アニメと違いすぎて驚きました。市民出の皇后を良しとしない反マリアンヌ派の者によって洗脳されたのがアーニャ。行儀見習いとして近づき暗殺を謀ったのだ。マリアンヌは死に際にC.C.によってギアスを得る。それが魂を加工するギアス"ザ・ソウル"。これによりアーニャの中に魂を住まわせ、現在に至ったというわけです。

父と母、マリアンヌまでをも失ったシャルルはこの世に失望し、争いのない優しい世界を具現化させるという。それに必要なのはエデンバイタルの扉「天獄門」の鍵であるナナリー。果たしてナナリーはこの誘いに乗るか乗らないか、決断はどっち!?  つづく

スザク&ゼロVSナイツ・オブ・ラウンズの戦いはカットしました。そこまでやると手が付けられないので。えーと、シャルルのギアスが自然に発現したものなのかC.C.によるものなのかは解りません。でも文面からすると自然に発現したと思われます。アニメにおけるギアスと全然違うのですね。この作品では「命令を従順させるギアス」は出てこなかったことから、言わばシャルルがルルーシュのギアスに一番似ていることになりますね。何か変な感じだ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
まぁ、アニメの方も終盤は説明多かったですし…。
悪夢ナナリーはアニメの設定を上手くアレンジしていて好印象です。
2009/01/28(水) 10:02 | URL | グスタフ #Sts9A5QI[ 編集]
ワイアードギアスってスザクもそんな事いわれてた気がするから
魔女との契約無しに発現するものなのでは?
2009/01/28(水) 12:20 | URL | あのねます #Kyx7uUcU[ 編集]
皇帝のワイヤードギアス覚醒がダークヒーローっぽくて良い!
2009/01/28(水) 19:23 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
ここにきてマリアンヌの登場(しかも小説版同様に元ラウンズやアーニャに憑依していたりと設定拾っておりますが)とは驚きです。
前々回まで「悪夢のマリアンヌは子供思いのいい人で、ギアスを快く思っていない」という印象が強かったですが、それとは違ってましたね(ただ、そうなるまでの経緯が語られているので納得できますが)
ただ、シャルルとマリアンヌがナナリーをどう思っているのかが掴み辛くなってしまった感じもします。計画に必要な感じでもあれば、ナナリーの命を狙っている教団の親玉でもあり、ロロに対してもナナリーへの愛憎を煽るよう記憶操作までしておりますし…

ここから先、ナナリーがどういう答えを出すのかが楽しみでもあり不安でもあります。
立ち位置や性格上、本編のルルーシュと同じ答えは出せませんし、今回に関してはアリスも助ける事も口出しも出来ない、まさにナナリーが一人で決着をつけなくてはならない状況です。
ルルーシュもスザク達と共にラウンズを相手にしている状況ですし…
2009/01/28(水) 23:33 | URL | 烏丸紫苑 #bk7fSpJs[ 編集]
……
まずは皇帝のワイヤードギアスについてですが……。

シャルルよ、セイバーや遠野達とケンカする気ですか!!!

如何にもRPGお約束な展開に思わず心で突っ込んだよ。マリアンヌはエデンバイタルやギアスの事は知っていたらしく、シャルルも当初は暗殺目的でラウンズの末席にして地下寄せたが

そうはいかないのがキューピット達、二人をくっつけました


まあ二人とも惚れちゃったと言う事。マリアンヌを射殺したのは洗脳されたアーニャ、教団や反マリアンヌ派が黒幕でしたね。マリアンヌは”ザ.ソウル”により一部の心はあの世に行ったがアーニャの体と同化!シャルルの驚きの顔は見ものです。
2009/01/29(木) 01:11 | URL | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集]
自分はマリアンヌについては「一部の心はあの世に」というのが気になりますね。もしかして、なんらかの伏線ではないかと?思っています。
また、アーニャに憑依した際の言動から一部があの世に行ったために現在のあのような性格になったのではないかと…と、ますます目が離せない展開ですね。
では、
2009/01/29(木) 02:22 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1234-e5475fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック