チーズの時間 1巻 チーズの素晴らしさを伝える美女の奮闘記

chi90216
『週刊漫画TIMES』連載、「チーズの時間」の1巻
これを紹介するのは趣味と自己満足の割合が濃いです。まず絵が萌え絵で気に入っていること、そして『週刊漫画TIMES』というオヤジ誌に掲載していることから読んでる人があまり居ないだろうという思いから。
多くの人が知ってる作品よりも一部の人しか知らないだろう作品を紹介した方が自己満足度が全然違いますからね。「任侠沈没」なんていい例です。あんな宇宙行ってしまう面白いヤクザ漫画を紹介できたことはホント、自己満足の何者でもありませんでしたから。

フランスでチーズは"フロマージュ"と呼ばれ、街角に「チーズ屋」があちこちに存在するチーズ大国。そのフランスで生まれ育った日本人美女・亜氷音レミ(あひね れみ)は若干20歳にして「全フランス チーズ鑑評騎士」を叙任した才女です。
彼女が「チーズの素晴らしさを故郷である日本に伝えたい」との思いから日本に渡り、店を興して活躍する姿を描いたのがこの作品。寿司屋の漫画とかラーメンの漫画とかはよくありますけどチーズに特化した漫画というのはこれが初めてなんじゃないだろうか。

とはいっても作風はチーズ料理を作っての人情ドラマ。新しいメニューのヒントとなったり恋人となるきっかけになったりと、料理を通しての人とのふれあいという点ではよくある料理ものと大して変わらなかったりしますがね。
chi90216-
チーズに関するウンチクは必然的に出てきます。例えばナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは
・ナチュラルチーズは乳を酵素や菌の力で固めたもの(素材というべきもの)
・プロセスチーズはナチュラルチーズを溶かして様々な形にしたもの(スライスチーズとかベビーチーズなど、スーパーで手に入るのはほぼコレ)
といった具合にイタリアの高級チーズ・パルミジャーノや古代ローマ時代から伝わるカチョカヴァロなど、様々な知識が詰め込まれており覚えれば自慢できるかもしれません。
画風にちょっとクセがあるかもしれませんがチーズに関するちょっとした知識を得られる作品です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「旅鉄」や「LOVE-HO!」以来、久方ぶりに見かけたカンジです。相変わらず面白いネタ描いてますね。
2009/02/17(火) 23:06 | URL | say*3 #aYDccP8M[ 編集]
ごめん、どこが萌え絵‥‥?
2009/02/18(水) 01:26 | URL | 名無し #-[ 編集]
ちょっと古い感じの絵ですね。
少なくとも萌え絵ではないw
2009/02/18(水) 22:08 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1265-ea7b1df6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック