コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー シャルルと決着!未来を望んだナナリー

nanary090302
『コンプエース』連載、「コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー」の25話
物語はいよいよ大詰め。シャルルとマリアンヌが求めていた優しい世界、それはアニメと同様に人々を個とせず一つの集合意識へとすること変換することだった。古くはイデオン、ちょっと前ならエヴァがそうだったように人々が争うことのない世界を作るには"全てをぶっ壊す"的な考えにどうしても到達するということでしょうか。

これをするにはエデンバイタルと現世とをつなぐ天獄門(ヘブンズゲート)を開けなければならず、この扉の鍵こそルルーシュとナナリーだけが持っているギアス"ザ・ゼロ"ということらしい。
ザ・ゼロ──最後になって遂にナナリーの隠された力が判明しました。それは森羅万象を無にする力だそうです。なるほど! だからこそ16話でネモとの契約が突然解除してしまったのですね。

当初は嫌がっていたナナリーでしたが天獄門が開けばルルーシュに会えるし、皆が幸せだった頃に帰れるとのマリアンヌの説得で心動かされていく。
nanary090302-
 人がひとつになれば…皆の悲しみや苦しみも…すべてなくなる…?
 私は…なんて 遠回りをしていたのかしら…
 私が求めていたものが すべてこんな手の届くところにあったのに

そしてザ・ゼロの発動! 揺れる大地 震える空 ただならぬ兆候にユフィやスザクは不吉を感じる。明確な理由を感じ取ったのはゼロただ一人のみ。「ナナリー… これが お前の選択なのか…!」今となっては打つ手は無い。魔女の力を得ているとはいえ なるようにしかならないのだから。

天獄門の前に居るナナリー。この扉を開けようとした正にその時に現れたのはアリス! その訴えがナナリーを思い留ませる。集合意識は過去しかなく未来は無い、でもナナリーのギアスは未来を視ていた。心の奥底では明日を求めていたのだ。未来を否定する世界は決して優しい世界ではないと最後の最後でシャルルたちの考えを否定する。
nanary090302-2
それと同時に目を開き立ち上がるナナリー。これは過去を捨て未来に生きるための意思表示の表れです。アニメでも最後で目が見えるようになりましたが、立ち上がったのはその意識がより強かったのだろうと察します。
崩れる天獄門にシャルルとマリアンヌの考えは瓦解する。最初は憤怒をぶつけるシャルルだったがマリアンヌの言葉で身を引いた。それは「私達の子供が出した答え」だから。アニメではひと悶着あったこの場面ですけどこの漫画ではあっさり手を引き消えていきます。物足りない感じがないわけではありませんが「良い父親」を演じたことではこれで良かったのだと思いますね。
nanary090302-1
父・母・ネモが消え全てが終わった。海を見つめるナナリーとアリス──
次回、とうとう最終回です。旧ブログ時代の2006年から始まりずっとレビューし続けてきた当方にとってはやはり寂しさはありますね。どんな結末を迎えるのか見届けさせてもらいますよ。
コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー (4) (角川コミックス・エース 175-4)コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー (4) (角川コミックス・エース 175-4)
大河内 一楼

コードギアス 反逆のルルーシュ 公式コミックアンソロジー Queen (5) (角川コミックス・エース 179-7) 幕末異聞録 コードギアス 反逆のルルーシュ (角川コミックス・エース 214-1) コードギアス 反攻のスザク 第2巻 (あすかコミックスDX) コードギアス 反逆のルルーシュ 公式コミックアンソロジー Knight 第5巻 (あすかコミックスDX) コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー (3) (角川コミックス・エース 175-3)

by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
1getだ
2009/03/03(火) 04:53 | URL | 名無し #-[ 編集]
今回の話は単体で見ると前回同様に説明が多い感じ(説明が多いのはアニメも同様)で、アニメ版に比べ視覚的インパクトは薄めな感じはしますが、これまでの話を読んだ上で、今回の話を読むと色々と感慨深いものがあります。
ナナリーとアリスの間に出来た絆、ナナリーが「未来線を読むギアス」を得た意味、ナナリーが本当に望んでいるもの、ナナリーが開眼するまでの経緯…

開眼に関しては、アニメではシャルルによって危害を加えられないよう、敢えてギアスで偽りのトラウマを植えつけて封印したものの、覇道を進むルルーシュを止めたい一心で偽りのトラウマを破ったというものですが、
此方では目が見えないのは見ようとしていなかったから、足が動かないのは自分で立とうとしていなかったからと、友の言葉に耳を傾け、自分の弱さを克服するかのような描写で考えさせられます。

ナナリーとアリスの互いの思いにしても、これまで知らず知らずのうちに対立してお互い戦い合っていたり、互いの優しさに触れ愛情を抱くようになり、それを大切にしたいというのが、読んでいても判りますし、これまでの話の積み重ねがあって、より感動出来る部分であると思います。

シャルルの望む「個」の無い世界は確かに争いや憎しみが無くなります。しかし、それと同時に前に進歩する心、人を慈しむ心、愛する心も失ってしまいます。
争いと進歩、憎しみと愛情、それらは表裏一体です。
ナナリーが答えを出したのも、ナナリーとアリスが「争いと進歩、憎しみと愛情」を体現したから出せた答えとも言えます。

気になる点と言えば、シャルルとマリアンヌが消滅した際には見せ場があり、ナナリーへの別れの言葉もありましたが、一緒に消えたネモにはそれが無かった点です。
アリス同様に重要キャラであるにも拘らず、あまりにもアッサリし過ぎているだけに、最終話で何かあるのではと勘繰ってしまいます。

最後に「さらばナナリー ファイナル・カウントダウン」という煽りは終わると見せかけてまだまだ続きそうなイメージが…
2009/03/03(火) 19:46 | URL | 烏丸紫苑 #bk7fSpJs[ 編集]
相変わらずのライダー煽り
『さらばナナリー ファイナル・カウントダウン』
つまり、5月号から『超・コードギアス ナナリー&アリス』が始まるわけですね…
2009/03/04(水) 23:33 | URL | 名無し #-[ 編集]
ネモ関連があっさりしてて少し残念でした。
2009/03/05(木) 00:01 | URL | とら #-[ 編集]
クライマックスジャンプ!
最終回一歩前に感動しました。
次回はいよいよ最終回っぽいですね。どんな最終回か。今から、楽しみです。では、
2009/03/05(木) 22:07 | URL | #-[ 編集]
次回からはゼロさんが全てのギアス世界を飛びまわり(拳で)破壊する物語が・・・

すいません、冗談です
最終回ではネモとゼロさんことルルーシュとC.C.がどうなるのか期待します
2009/03/08(日) 03:12 | URL |   #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1290-89d3febd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック