咲-Saki- 再度目覚めた衣が咲を突き放し海底に引きずり込む

saki090501
『ヤングガンガン』連載、「咲-Saki-」の第50局
"所詮 私は独りぼっち"──衣の感情が爆発して停電が発生してしまった。衣の能力は不思議と月の満ち欠けにに関係しており、今宵が満月なので能力が最大限に発揮されてしまったようです。演出としてはオーバーな気もしますが良くないことが起きると鼻緒が切れたり湯飲みが割れたりと、昔から使われている技法の一環とすればそう気になることではないでしょう(そうか~?)。

衣………155900
咲………111800
かじゅ……93400
池田……38900
これが現在の点数で池田はもう絶望的。しかし本人はまだ諦めてない! プラス思考で物事を考え逆転優勝に望みを賭けてます。これを見ているのは久保=鬼コーチ=貴子。生徒に平気でビンタする最悪な印象の人ですけど最後まで望みを捨ててない池田に少なからず好印象みたいです。
しかし池田の望みも衣の前ではやはり通用しなかった…

牌を引けども引けども役が揃わず海水が足元から満ちてくるこの感じ、これは衣の得意とする戦法ではないか。かじゅ先輩が気が付いたときはもう遅かった。
saki090501-
衣の渾身のツモによって四度目の海底摸月が達成されます。今回は衣の作画に力が入っており"良い絵"が数点ありましたね。追い上げる咲、それを突き放す衣。衣は2位以下に約5万点もの大差をつけたまま勝負は最後のオーラスへ。
ただ、この海底摸月の間に咲は一言も発していません(つーか、今回セリフ無し)。むしろ「これぐらいはやってくるだろうな」と平然と受けた感じがあり、咲の動向が気になります。 つづく

アニメは好評で「けいおん!」と並びトップクラスで人気なのが嬉しいじゃないですか! なのに次号・次々号と休載で再開は6月19日発売号とのこと。でも5月29日発売の増刊では番外編が巻頭カラーで登場だそうです。特大ポスターが楽しみ。
saki090501-1
えー、これは私の予想ですけどコミックス6巻に収録されるのは今回分まで、7巻はその番外編からになると思いますよ。今までの経緯からすれば巻頭カラーになった話がコミックスの巻頭を飾ることがほとんどですからね。

・しょこたんも咲を全巻揃えてた
 しょこたん☆ぶろぐ ちか
衣のコスをしたいみたい。是非お願いします。
咲 -Saki- 5 (ヤングガンガンコミックス)咲 -Saki- 5 (ヤングガンガンコミックス)
小林 立
咲 -Saki- 4 (ヤングガンガンコミックス) 咲 -Saki- 3 (ヤングガンガンコミックス) 咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス) 咲-Saki 2 (2) (ヤングガンガンコミックス)
by G-Tools
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
番外編は鶴賀でお願いしたい!!
同人誌も清澄のエロ物ばかりで辛いっす!!
一冊だけ一般物で、鶴賀も龍門渕の話があって助かったけど・・・・・。
2009/05/02(土) 01:15 | URL | ところがギッチョン!! #-[ 編集]
今週の池田華菜 
中日が1勝17敗なら、残り試合全勝で○○優勝!www

はい死んだーw 流石にもう目無しと言わざるを得ない。
まあ、最後はキャプテンの教えも守ったし、頑張ったよね。もう・・・ゴールしてもいいよね?(マテ

衣はタンサンハイテイ赤3で、3000.6000の一本付けてことは。

龍門淵:168200 (+12300)
清澄 :105700 (-6100)
鶴賀 : 90300 (-3100)
風越 : 35800 (-3100)
だよな・・・ここからじゃオーラス役満直撃しかだめなんだよなぁ。
てことは、かじゅ先輩が活躍するのは明らか。親番を残した鶴賀断然有利(笑)
と、思うんだが。案外さくっとまくりそうな感じもするしなぁー。
某採血麻雀漫画なら、ここから1~2年は引っ張るんですがねw
2009/05/02(土) 14:38 | URL | 七夜 #-[ 編集]
衣の弱点
何時も楽しませてもらっています。

遂にオーラスですね。
もう直撃しか無いと連呼されている状況で色々考えたとき、衣の弱点に気付きました。
普通に一回で、上がっても勝てない、池田の言うとおり、流局しかないが、これは、海底で必ずあがる衣にとっては、ありえない展開なのかもしれません。
しかし、リンシャンカイホウ使いの咲が居ると少し状況は、異なります。
カンを四回で強制流局。
これでリーチ棒を貯めていけば、海底をさせずに上がった時の点数をあげる事ができます。
最終的には、池田でも直撃させれば勝つところで、咲が必殺技を決めて勝利って可能性もありますね。

その後、カツどんさんが衣の打たされている発言の説明、必ず海底であがるのでは、なく、海底でしかあがる事が出来ない衣の本質が語られるって言うのでは、どうでしょうか?


とりあえず、リンシャンカイホウでかつ方法として考えました。
(普通に考えれば不可能に近い確立ですけど)

咲以外の記事も(特にハーメルン)楽しみにしていますのでこれからも頑張ってください。
2009/05/02(土) 16:30 | URL | 鈴神楽 #OrA1vuZw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1368-c3125e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック