桐原いづみ 次号最終回の「ひとひら」と新連載の「アキラとひより」

桐原いづみさんが『コミックハイ!』連載している「ひとひら」。同誌の最長連載を続けているこの作品が来月号で堂々の最終回を迎えます。よって物語をたたみ始めた描写が多い中、主人公・麻井麦の恋の描写が今回最高の見せ場になってました──

当面の課題だった秋公演を大成功に収めた演劇部。甲斐は絵画展で佳作入選をし、以前 短期で辞めていった元部員も「公演が面白かった」を理由に再入部を希望してくるなど演劇部は賑やかな状況が続きます。
先輩たちは進学や就職など目指すべき方向に向かう中、一向に進まないのは麦と甲斐の恋仲(つーか、甲斐の気持ちに麦が気が付いてなかった)。今回、それが4ページに渡りほぼセリフ無しで進められました。
hito090503
帰り道で二人きり、甲斐が思い切ってコクる場面です。どうです? セリフ全くが無くとも何を言われたのか、麦の気持ちはどうなのか一目瞭然な描写じゃないですか。「セリフの無い告白」なんて矛盾してますけど表情が言葉の代わりとなってる表現が見事だと思うわけで。
この後、甲斐の差し延べた手に恥ずかしがりながら手を添える麦。おいおい、こっちも恥ずかしくなっちまうぜ! 実際、描かれた桐原いづみさん本人も「恥ずかしくて悶えながら描いていました」と日記に書かれてます。
 コミックハイ! 5月号(桐原いづみ個人サイト)
次回最終回、いったいどんな大団円を迎えるのか楽しみです。
hito090503-
そしてこっちは『ヤングガンガン』で新連載となる「アキラとひより」。短期集中連載とのことで多分コミックス1巻分出るぐらいは続くんじゃないかと。
長身で容姿端麗・スポーツ万能の高校1年生・吾妻晶。部活からの誘いは引く手数多なんだけどなぜかどこにも入らず、勧誘から逃げ回ってばかりいた。
一方、身長が147cmしかなく運動音痴な同じく1年の本橋ひよりは放送部員。吾妻さんに取材を申し込もうとするも勧誘と間違えられ逃げられてしまう連続。何とかして話しかける機会を得たい、そう思っていたら吾妻さんが居た! 逃げられる前に思い切って大声を出して申し込むひより。
hito090503-1
こうして二人は初めて面を向き合います。身長も性格も正反対なアキラとひより、この二人がいったいどんな物語を進めていくのかはおいおい解ることでしょう。
晶はどうも人付き合いが苦手なために部活に入りたがらないようです。そこで放送部員のひよりと出会ったことで性格に変化が生じていくといった展開ではないでしょうか?

・いとうのいぢさんが大阪で開催の中川翔子マジカルツアーの舞台に立ったようです
 しょこたん☆ぶろぐ いとうのいぢさま
5月1・2日と大阪厚生年金会館にて開催された「中川翔子マジカルツアー2009」の舞台にいとうのいぢさんが立ち、「CAT Life」という曲を踊ってくれたとのこと。拝見できた人はラッキーでしたね。

ひとひら 6 (6) (アクションコミックス)ひとひら 6 (6) (アクションコミックス)
桐原 いづみ

白雪ぱにみくす! 3 (3) (BLADE COMICS) ひとひら 5 (5) (アクションコミックス) 白雪ぱにみくす! 4 (4) (BLADE COMICS) ひとひら 3 (3) (アクションコミックス) ひとひら 2 (2) (アクションコミックス)

by G-Tools
FC2 Management
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1371-77070d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック