武蔵野線の姉妹 1巻 ニートな美人姉妹の投げっ放し萌えコメディ

musashi090710
webコミック『FlexComixネクスト』連載、作/ユキヲ「武蔵野線の姉妹」の1巻です。
中身は知らないけど表紙だけ見て買いました。私にとっちゃ普通な買い方ですけど。それに作者のユキヲ氏はコンプエースでタユタマを描いており、可愛い女の子なら定評ですので。

姉はマネーゲームで莫大な財を得て、悠々自適なニート暮らしをする24歳の緑川蘭子。
妹も働かずに姉の財産で生活するも、社会進出をしたい20歳の緑川ひかる。
この二人を主役にネットやメイド喫茶をネタにする美少女コメディです。何たって蘭子が24歳で主役というのは"美少女"と表記するにもギリギリな感じが…でも可愛いことには違いない。財産はあるものの働くことが嫌いで"大罪"と言うほど。当然ながら友達はおらずネット依存な日々の生活をしてます。
musashi090710-
左が姉の蘭子、右が妹のひかる。ひかるは怒らせたらコワイ
一方、ひかるは姉のお金で暮らしている都合上 食事を作ったりする世話役。でもこのままじゃダメだと社会進出を考え、早いうちにメイド喫茶で働くことになります。やがて蘭子もメイド喫茶に入り浸るようになり、一転してメイド喫茶を舞台にしたギャグ漫画へ転進。そこで登場する新キャラが英由良(19歳)。
musashi090710-1
プログや人前ではキャピキャピなキャラを被ってるものの裏ではダークな感情の持ち主。ドジを演じてパンツを見せちゃったりするのも計画的にやってます。でもこの子の登場で誌面の華やかさが上がり、話の枠が広がったのは確か。蘭子と良き喧嘩相手になる第三の主役です。

1話につき9ページ前後の短編漫画のゆえに投げっ放しな終わり方がしばしば。とはいえ登場してくる女の子たちはどの子も可愛く、萌え漫画としてはいい方。働くことが嫌いな蘭子がやむを得ずメイド喫茶のバイトをした際に思いもせずキビキビと活躍します。普段はダメ人間でもイザという時は活躍するということか。そんな24歳にホの字ですね。
武蔵野線の姉妹 1 (Flex Comix)武蔵野線の姉妹 1 (Flex Comix)
ユキヲ

こどものじかん 7 (アクションコミックス) 神のみぞ知るセカイ 5 (少年サンデーコミックス) タユタマ -Kiss on my Deity- (角川コミックス・エース 163-5) ひとひら 7 (アクションコミックス) ななみくす! nanamix! (2) (角川コミックス ドラゴンJr. 48-16)

by G-Tools
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1460-0b645f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック