「とある科学の超電磁砲」 凄惨な妹達の末路に激昂する美琴

toal090728-3
レビュー前に付録の紹介。電撃大王今月号(9月号)の付録は「超電磁砲」のフリーサイズのTシャツです。美琴と黒子の百合百合なこの絵は、去年の10月号表紙になったものが原画になってます。襟のタグも『とある科学の超電磁砲 「美琴×黒子」Tシャツ』としっかり入っており付録にしちゃ上出来でしょう。Tシャツの付録といったら近年では角川系の雑誌でハルヒやエヴァばかり出てた気がします。そこに来てのこの超電磁砲Tシャツは目新しく感じますね。
toal090728
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第23話
うわ~鬱だ~。今月号の話を読み終えると鬱な気分になってしまいます。どんなものかといったら以前の映画版エヴァで戦略自衛隊がネルフを襲撃し、見境無く殺戮する場面と同じ感覚。だからちょい覚悟が必要かもしれません。

放棄されたハズの美琴のクローン量産実験。しかし美琴はクローン体「9982号」と出合ってしまった。なぜ作られたのか? その真相を初春の協力のもと調べてみたら驚愕すべき真相が明らかとなる。原作小説はもちろんアニメを観ていた人ならもうご存知でしょうが、一方通行(アクセラレータ)をレベル6にするための実験道具としてでした。
レベル6に達するため考えられた複数の案とは
 ・通常のカリキュラムを250年続ければ進化するハズ →問題外で却下
 ・美琴を128回殺害することで進化するハズ →128人もいないので却下
 ・美琴のクローン体『妹達』を戦闘シナリオをもって2万体殺害すれば進化するハズ →採用
こうして凍結されたハズのクローン量産実験が秘密裏に解禁されクローン体『妹達(シスターズ)』が作られたというわけ。美琴は動揺するも今 この時間に戦闘シナリオ実験は始まっている。信じられない・信じたくない気持ちを胸に、今 行われているらしい実験場所へ駆け出した──
toal090728-
その戦闘実験は…凄惨たるものになりました。ミサカネットワーク(他のクローン体と精神が繋げられる能力)を使って過去の戦闘データから「一方通行は周囲にバリアのようなものを張り巡らせている」と推測し、足元には張れないだろうと地雷を秘策に使うも効果なし。もちろん銃を使えば弾丸が跳ね返ってくる。ボロボロにされる9982号。
 一方通行の能力そのものが判ってないのだからどうしたって負けは確実。最初から負けることが確定してる戦いだけにもどかしくって見てられませんよ
更に追い討ちをかける一方通行は…左脚をもぎ取る! 痛てぇぇぇぇぇ
toal090728-1
虫の息の9982号。 このまま何もしなくても出血多量で死に行く運命の中、這いつくばって手にしたのは美琴からもらったゲコ太のバッジだった。僅かな時間ながらお姉様との思い出の品を胸に抱いたまま、トドメと投げられた列車の下敷きに……
「本日の実験 しゅうりょォー」 軽やかにその場を去ろうとする一方通行に美琴は激昂! 叫び声を上げながら向かって行くのだった──  つづく

もう泣くね(。´Д⊂)  ちょっと今回はホントにキツイわー。向かって行く美琴だけど敵わないのは読者は判っているわけで、その点でも心が痛みます。美琴は今後 絶望な思いを抱き続けるわけですが、やがてこれを解消するのが当麻の存在。だからその当麻に惚れるのはある意味 当然の成り行きと言えますね。
電撃大王 2009年 09月号 [雑誌]
電撃大王 2009年 09月号 [雑誌]
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
この頃の一方さんはキレちゃってんなー…
しかし、マンガ版見てると妹達微妙にキャラ変わってるような…
2009/07/30(木) 00:53 | URL | 名無し #-[ 編集]
一通さんはアニメ、漫画、小説合わせると24回は当麻に殴られてんじゃないかな?
2009/08/05(水) 21:39 | URL | 名無し #-[ 編集]
一方通行屑だな
ほんと大嫌いなキャラだわ
胸糞悪い
2012/02/20(月) 16:12 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #vacXBYjo[ 編集]
今年(2014年)、画像の9月号付録Tシャツ手に入れて現在着てます。
キャラモノTシャツ集めているのですが、これは割りと実用出来て良いです。
色も涼しげな寒色で夏にちょうど良いです。
2014/08/11(月) 16:00 | URL | 草枕 #pYrWfDco[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1479-2e58b5cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック