『月刊ウィングス』がB5版になって27年目のリニューアル

win090731
『月刊ウィングス』についてどんな思い出・思い入れがあるでしょうか。まぁ女性誌なので男にとってみれば縁遠く、読んだことなど一度もない人もいらっしゃるでしょう。でも80年代の『ファンロード』読者だったら大橋姉妹とかを目当てに読まれた方もきっと居るハズ! 『ウィングス』は同人上がりの作家など、まだ目新しい漫画家が大勢参加していたような気がします(私は今の今まで「ウイングス」だとばかり思ってましたが正確には「ウィングス」なのですね。ここにきて知った次第)。

A5版だったそのウィングスが創刊27年目にしてB5版へとリニューアル。その1号が28日に発売されたので初めて買ってみました。ミニドラマCDが付いて600円はお買い得でしょう。もっとも女性向け雑誌なのでメインの出演声優は保志総一朗・鈴村健一・小西克幸・置鮎龍太郎といった面々ですが。でも田中理恵さんがツンデレ吸血鬼・神無月カレンとして参加してるのには大いに興味が持てます。
kane090731
初めての雑誌には初めての出会いがあるというもの。リニューアル記念で巻頭カラーに尚月地さんという方の「鐘守り姫(前編)」なる読み切りが掲載されたのですがその美麗な絵柄に一目惚れ! こんな漫画家さんが居たんですね。今まで知らなくて損した気分さえします。

物語は村の「鐘守り」を務める青枝杏が主人公。「鐘守り」とは村の危険が迫った際に鐘を鳴らして知らせる役目を担ってます。その杏は村が「蛮族に襲われる」という危険を予知。但しソレは「80回に一回は当たる」というもので村人は全く信用してない。
kane090731-1
除け者にされる杏だったが偶然にも怪我を負って動けない蛮族と遭遇。通報するのは容易いがそうすれば処刑されるのは確実。とりあえずかくまうことに。
kane090731-
初めて見た蛮族は噂と全然違って超セクシー(笑)。ヨメを探してこの村にやって来るも門番に斬り付けられたとのこと。敵対する村にヨメ探しに来るっていったいどんな性格なんだ…
このアシャという男、女はもちろん男もOKという変わり者でそういった点は女性誌ならではことでしょう。
やがてかくまっていることに感づかれた杏はリンチされそうになるもそこへ飛び出したのはアシャ。処刑されるアシャの運命は…  つづく

美麗な絵柄にシリアスとギャグとが織り交ぜられて見入ってしまう作品です。これは是非とも読んでいただきたいなと。この方の最初のコミックス「艶漢」1巻をAmazonで見たところ評価が星5つのみ。しかも「13 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。」と、全員が揃って評価しているのにも並ならぬものがあるようですね。
Wings (ウィングス) 2009年 09月号 [雑誌] 艶漢 1 (WINGS COMICS)
Wings (ウィングス) 2009年 09月号 [雑誌]
艶漢 1 (WINGS COMICS)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
「ウィングス」なら篠原うどうさんとか、伸たまきさんの「パーム」シリーズ。そして、CLAMPの
漫画。中盤期はよく読んでました。
リニューアルですか。
一時期、那須雪江さんがエース
でしたね。
2009/08/01(土) 14:26 | URL | DDTSS #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1482-a5f828a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック