HUNTER×HUNTER ピトーが畏怖するゴンの底知れぬ存在力

hunter100208
『週刊少年ジャンプ』連載、「HUNTER×HUNTER」の295話
ナックルからのタイマン勝負を受ける際「私は分身 本体は王の元へ」と真実を打ち明けるプフ。それはなぜか?
 1.先に真実を述べることで心理的に先手を打つ
 2.ユピーを探るため(ナックルがここに居る以上、ユピーは見逃したことになる=裏切りを考えた)
2.が是か否か探るために「私は分身 麟粉も使わない」と正直に話しているように見せかけてタイマン勝負に持ち込もうとするも(二人きりになったところで得意のオーラ判別でナックルの心の内を探ろうというわけ)、それを見透かしたのはゴンでした。

さすがに真の目的まではわからないでしょうが、言ってることは嘘だと断言するゴンに「こいつは厄介だ」とするプフ。ここまでモラウと対戦した際でも心理戦に持ち込んでプフの本体を見逃すよう仕組みましたが今度はそうはいきませんでした。恐らく敵の中で一番 揺るがぬ意志を持っているだろうとゴンを評価します。

一触即発の状況下でゴンに誤るピトー。でも今度はピトーがゴンの言葉に驚かされます。
 「予定より10分早く治せ」
これに戦慄するピトー。治療技術が成長して思ってたより10分早く治せる見込みがあったその矢先に告げられたその言葉。全てお見通しなんじゃないのか? いずれこいつの牙は王の喉元にも届くかも知れない!
hunter100208-
ゴンを畏れるようになったピトーは王のためにもゴンを始末する考えを持つことに。でもいつ どうやって? コムギという重症患者が居る以上 下手なこと出来ないし、他に頼れる者も居ない。そう思いながらも時間は過ぎていきます──

その頃 地下のイカルゴはウェルフィンの強襲を受けていた。ビゼフたちを追ってる途中でここに居るハズのないイカルゴの臭いに気が付いて来たというところでしょうか。死を覚悟した以上、恐れるものなど無いとばかりに先手を打つイカルゴ。ゴンとピトー、ナックルとプフ、イカルゴとウェルフィン、そしてネテロと王という同時多発バトルは物語をより一層 混沌へと導きます。 つづく
HUNTER×HUNTER NO.27 (ジャンプコミックス)
HUNTER×HUNTER NO.27 (ジャンプコミックス)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
おもしれー、やべーおもしれー
でもさっさと進めや冨樫ボケ
2010/02/09(火) 03:08 | URL | 名無し #-[ 編集]
あれだけスパン開いても腕に衰えを感じないのがやっぱすごいな。。。
2010/02/09(火) 03:24 | URL | 名無し #-[ 編集]
まあ普通にやればゴンがピトーに勝てるわけないんだけど
どうやって持っていくのか・・・
2010/02/09(火) 04:31 | URL | s #-[ 編集]
GI編でもそうだったけど戦闘に入るまでの話がやたら長いよな
いざ戦闘にはいるとあっというまに話がつくけど
2010/02/09(火) 05:40 | URL | 名無し #-[ 編集]
ウェルフィンのリアクションを見ると本当に何か聞きたいだけっぽいな
2010/02/09(火) 13:34 | URL | 名無し #-[ 編集]
戦闘の面白さは他の追随を許さないよな
ただ全部同じような必殺技の殴りあい斬りあいの戦いは飽きたぜ
2010/02/09(火) 15:41 | URL | 名無し #-[ 編集]
ウェルフィンの行動は裏切り者を始末するなんて目的じゃないからなあ
探ったうえで利用するかどうか決めようとしたんじゃね
2010/02/10(水) 08:48 | URL | 名無し #-[ 編集]
真剣に連載してればハンター終わって
新しいマンガとか描いてたのかな
2010/02/10(水) 16:26 | URL |     #-[ 編集]
ピトー
このブログ面白いです。

でも治療技術が成長したなんて描写、ありましたっけ?
2010/02/10(水) 18:11 | URL | Hyunbert #-[ 編集]
馬鹿の一念発起岩をも通すか
やはり富樫はすごい
2010/02/11(木) 00:00 | URL | 名無し #-[ 編集]
>でも治療技術が成長したなんて描写、ありましたっけ?
まさに今週号でありますが・・・
2010/02/11(木) 00:52 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1700-5656ccb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック