新連載「人類は衰退しました」 人間は旧人類に。現人類となったのは…

jinrui100214
『月刊IKKI』新連載、「人類は衰退しました」の第1話
先月末に出た『IKKI』だけど多くの人がまだ知らないようなので今さらながらのレビューです。小学館・ガガガ文庫の創刊第一弾にあったタイトルの一つ「人類は衰退しました」をコミカライズしたもの。同作品は今やガガガ文庫を代表する人気ラノベとなりました。が、コミカライズに関してはファンからは微妙な反応だったみたいですね。以下に2chでの反応が拝見できます。
 『人類は衰退しました』漫画版の孫ちゃんが原作とは別人(主にライトノベルを読むよ^0^/さん)
ま、読んでない私にとっては思い入れが無いので"そうなの?"って感じですけど、原作ラノベの山崎透さんの絵と比べたら確かに別人ですな。

どこかの丘で双眼鏡を傍らに何かを見張っている少女。でも眠気に負けて寝てしまう…これが冒頭のカラーページのプロローグ。話はこれより32時間前にさかのぼります。

最高学府の「学舎」を卒業し12年ぶりに故郷に戻るも食っちゃ寝の日々を過ごしていた少女はおじいさんに窘(たしな)められる。「気が向いたら事務所に顔を出しなさい」と。
場所はどこかの田舎の風景。空き家が多く水道も通ってなくて井戸水を汲み上げて使ってます。田舎じゃありがちな光景かもしれませんが実情は大きく違います。どう違うのかは少女が初出勤をした事務所で明らかに──
jinrui100214-
現在の人間は衰退の一途を辿り、総人口は1億人にも満たないほどに減少していた。国家や通貨制度すらも崩壊し、もはや発展の望みも無い"旧人類"へとなってしまっていたのだ。
その一方で現在では200億とも300億とも言われる"彼ら"は実質上の"現人類"。少女が上司から命じられた任務とは"彼ら"との仲を取り持つ「調停官」となり、友好関係を築くというものだった。

とりあえず"彼ら"に挨拶すべく居住区となってる廃材置き場に行ってみても誰も居ない。冷蔵庫の中とか石の下とか探してみても見つからない
「"彼ら"は気分屋なので現れるとは限らない。楽しい場所が何より重要」と教えられた少女は今度は多くのケーキや菓子を持って行き、離れた場所で観測することにします。

それがプロローグなわけで目を覚ました少女が双眼鏡で覗いたら…いました!
jinrui100214-1
これが"彼ら"。現人類である通称・妖精さんです。果たして少女はこの妖精さんと仲良くできるのか? ほんわかSFファンタジーの開幕です。 つづく

タイトルは知っていても実際はこんな話だったんですね。癒しと言うかほんわかと言うか、スローライフな作品でした。気になったのは少女の名が出てこないこと。Wikipediaで調べたらそもそも固有名詞がほとんど出てこない作品だそうで変わってますねー。
人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)
田中 ロミオ  小学館  売り上げランキング: 256
おすすめ度の平均: 5.0
5 おもしろい!
5 相変わらずの大人のラノベ
5 ほのぼの&シュール&感動が絶妙
4 前半の過去の学生時代の話が面白い
5 「ぼくら、だれかいれば、あいにいけます」「ひとりでも、いれば」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
やべwwww楽しみだが、あの小説の面白さを表現できるかが不安だな。小説めっちゃ面白いけど、クセが強くて好き嫌いが分れ安い。
2010/02/15(月) 02:04 | URL | 名無し #-[ 編集]
挿絵と雰囲気違いすぎ・・・
大丈夫かなぁ?
2010/02/15(月) 09:30 | URL | 名無し #ixivxIWw[ 編集]
地の文が特殊だから
それを漫画で表現しきるのは無理なんじゃ・・・
2010/02/15(月) 10:07 | URL | 名無し #-[ 編集]
いい絵だなあ  と思って名前ググってHPみたら

ヤバイだろこの人w
2010/02/15(月) 22:37 | URL | 名無し #odhe05w2[ 編集]
何故この人を作画にしたし!

いやうんまあファンには悪いけどさあ……もっとこう、手心というか……
2010/02/18(木) 19:04 | URL | 名無し #/02qLiNA[ 編集]
漫画版オリジナルキャラかと思ったよ
黒髪ストレートにされてもなぁ

挿絵に近いキャラデザが良かったなぁ
2010/02/19(金) 06:53 | URL | 名無し #-[ 編集]
ロリ同人もイカッタので作画は嫌いじゃないけれど・・・
でも小説版のが可愛いかな
2010/02/26(金) 04:55 | URL |         #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1706-2168042f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック