コードギアス 漆黒の蓮夜 この時代のナイトメアはメカではなく怪人?

giass100902
『月刊少年エース』連載、「コードギアス 漆黒の蓮夜」の第4話
レビューする時期を逸してしまった感はありますが遅ればせながら「漆黒の蓮夜」です。
カルラを賭けて蓮夜とヴァインベルグの戦いが始まろうとしていた。カルラの正体がブリタニア人で、しかも「新たなる世界の帝王 クリア・リ・ブリタニア」と呼ばれるほどの王族の人物だったとは驚きです。驚きといったら蓮夜だってそう。左腕が義手で、しかもこの腕に掴まれた者はことごとくミイラのように干からびてしまうのだから。もっとも蓮夜自身、こんなことになるとは思ってもいませんでしたがね。

始まった決闘は両者互角。蓮夜が跳躍して上空からの攻撃を狙うも、マントで視力を奪って攻撃させないヴァインベルグ。シビレを切らした両陣営が飛び出そうとしたところで二人して止めたのが上の画像です。「無駄に怪我人を出すこともない」との意見が合って、以後は正々堂々とした爽やかな戦いが繰り広げられます。

天井のハリがカルラ目掛けて落ちてきたところを救う蓮夜。この間にヴァインベルグが蓮夜の首を狩ろうとするも「クレア様を守ろうとした礼」として寸止めしてくれました。また蓮夜にしたって掴むチャンスを得ても寸止めして「これで貸し借り無し」とまるでスポーツのよう。
giass100902-
インターバルを得て対峙する二人。
「君の技量と資質からすれば騎士団に入る事も出来ただろうに残念だ」とヴァインベルグ
「あんたこそ任務も果たせずこんなところで終わるとはよ」と蓮夜
次の一手で勝負を決すると思った矢先にそいつは現れた!
giass100902-1
天井を突き破って現れたのは奇妙な格好をした怪人。カルラを人質に取るや「苦労だったなヴァインベルグ卿」と言い放ちます。「まさか」「こんなところに」とするのはヴァインベルグとC.C.。
あれは 人にして人にあらざるもの…ナイトメア
ええーー! この時代のナイトメアってこれなんですか!? 人型でありながら蒸気? 空気?を放出して空中に浮かんでいられる様子。ヴァインベルグを欺いてカルラを手にしたからには、ここは蓮夜と協力して奪い返す展開を観てみたいです。 つづく
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
元々たいして絵上手くなかったけど、劣化するの早すぎじゃね?
2010/09/03(金) 20:32 | URL | 名無し #-[ 編集]
作者のツイッターに、ヴァインベルグのフルネームは「アルト・ヴァインベルグ」、今回登場したナイトメアは「風のナイトメア」とありましたが、アルトが蓮夜をナイトメアではないかと考えていた事から見ても、他にもナイトメアがいそうですね。

とりあえず次回で話が一段落つくといった所でしょうか?
ナイトメア・オブ・ナナリーと比べても進行速度が遅い感じは否めませんし、単行本の作業にも入っているとの事ですから、キリのいい所で次回辺りで何かしらの決着が付くのではないかと思います(蓮夜とアルトが組むにしろ組まないにしろ、カルラがナイトメアに攫われるにしろ攫われないにしろ)
2010/09/03(金) 23:58 | URL | 烏丸紫苑 #bk7fSpJs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/1916-369ca15a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック