世紀末オカルト学院Plus エッチな方向へ行ってしまう番外編なストーリー

occult101128
携帯コミック『コミックアライブPlus』に連載していた「世紀末オカルト学院Plus」全1巻です。
夏に放送していた同名のアニメをコミカライズしたものなんですが、通常と違ってエロ方面に特化した内容になってます。オークスから出るアダルトなアンソロジーコミックでもあるまいし、公式でこんなことやっちゃっていいの? とは思うのですけど携帯コミックという特質上 OKになったんじゃないでしょうか?

基本設定は変わりません。1999年7月21日にヴァルトシュタイン学院高校──通称 オカルト学院を基点として宇宙人の侵攻が開始される。それを止める「ノストラダムスの鍵」を探し出すべく、未来の世界からやってきた猫型ロボット文明とマヤの活躍?を描きます。
重大な使命を受けているのは分かってる。でもここに登場するのはことごとくエッチなイベントばかり。雨が降ってブラが透けて見えてしまうなんてほんの序の口。狭いロッカーに逃げ込んで肌を寄せ合う二人がムラムラと…と、ラブひなとかで見たような往年のパターンみたいなものもありました。上の画像右のは猫の霊に憑りつかれた文明がマヤを襲うというもの。股間をペロペロと舐めまわして感じてしまうマヤはもうほとんどアダルト漫画ですな。
occult101128-
左は受け入れOKな美風さん。あのヤマンバのような正体が発覚前なのでカワイイものです。この漫画は乳首・乳輪を半見せぐらいの規制でした。右は臨死体験でのマヤ。アニメではいつも しかめっ面な印象があっただけにこういう表情は素直に綺麗ですね。
文明とマヤ、二人はいずれ別れる運命にあって一緒にいられない。お互いを想う気持ちが重なって最終回では遂に…!? いやはやここまでやってしまうのかという感じです。

全6話と少ないだけに「ノストラダムスの鍵」は見つからないままの投げっぱなしな状態で終わってしまうのが難点ですが、二人の愛を語るだけならこれでもいいんじゃないかと思える結末です。
ところで! 私はアニメのエンディング曲「君がいる場所」が大好き。声優の歌唱力とは思えない 高く通る歌声に惚れました。アニメ最終回でこの歌が流れてきたときには泣けましたね、いやホント。これは是非とも聞いて欲しい曲です。


世紀末オカルト学院Plus (MFコミックス アライブシリーズ) 世紀末オカルト学院 (MFコミックス アライブシリーズ) 君がいる場所
世紀末オカルト学院Plus   世紀末オカルト学院    君がいる場所
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あれは感動しましたね。
EDは最終回の為に作られた曲だと思います。
2010/11/29(月) 06:30 | URL | 名無し #-[ 編集]
あやひーは見た目は更生したヤマンバみたいだけど、音大声楽科出身なんで歌は声優界屈指の実力と思われる。
2010/11/29(月) 17:08 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2007-fc7e6b84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック