コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー 1巻 ナナリーが主役のアクション劇

nanary07624
『コンプエース』連載、「コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー」の第1巻が発売されました。当方は連載1話から全話(といっても1話だけは旧ブログの消滅により見られませんけどね)レビューしているので今さらという感はありますが改めて紹介を。

出だしはアニメ同様、ルルーシュがC.C.(シーツー)を助け出すところから。この際、C.C.と一緒にカプセルから出てきたのは人形のような魔導器ネモ。
クロヴィスはC.C.の秘密固持のためシンジュクゲットーごと爆破。ルルーシュはこの爆発に巻き込まれ死亡(ゼロに転生したとも)してしまう。

兄の死を悲しむナナリーの元に「我が願いを受け入れるならば 力を授けよう」と契約を持ちかけてきたのは魔導器ネモだった。この作品においてC.C.は魔女と呼ばれており、その魔女が作ったとされるのが魔導器。C.C.がギアス能力を人に与えることが出来るように、魔導器自体もまたギアス能力を人に与えることができるのだ。
契約を結んだナナリーは目が見えるばかりか足も不自由なく使え、見たことの無い特殊なナイトメアを自由に扱える能力者となる。
nanary07624-
魔導器ネモによりギアス能力を得たナナリーは異形のナイトメアをこうして操る
ギアス能力が働いているときは無敵の力を得るナナリーであるが、そうでない時は車椅子に乗る普通の女の子。そんな彼女の親友はアリス。妹も同様に車椅子生活をしているからナナリーを見過ごせないという。
しかしそんな彼女の秘密──それはブリタニアの特殊名誉外人部隊(イレギュラーズ)のメンバーでありギアスユーザーだったのだ。やがて二人は互いに正体を知らないまま戦うことを余儀なくされていく…

このように親友同士であるナナリーとアリスの二人が、素性も解らないまま戦わなければならないことがこの物語の大きな見せ場になってます。またイレギュラーズの他のメンバーのギアス能力も魅力の一つで、短髪の美少女・ダルクの能力「ザ・パワー」は
nanary07624-1
ビル一棟を持ち上げてしまうとんでもなさ。これってGガンダム? と思ってしまいますよ。

アニメとは全く違い、ギアス能力を持つ女の子たち中心に物語が進んでいく「ナイトメア・オブ・ナナリー」。突拍子のない奇想天外な設定では他のコミカライズである「反逆のルルーシュ」「反攻のスザク」より上なので、そういった作品が好きな方にはオススメです。
 <過去記事>
「コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー」 ナナリー主役のスピンオフ作品(1/27)2話
コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー ギアス能力者が続々登場(2/26)3話
コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー 日本解放戦線の暗躍(3/27)4話
コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー ギアス能力者が河口湖に集結(4/27)5話
コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー ナナリーとアリスが遂に激突(5/27)6話
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/207-3c325db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック