釣りチチ渚 3巻 王道・色モノが群雄割拠の釣り甲子園は準々決勝へ

nagisa110419
『月刊サンデーGX』連載、「釣りチチ渚」の3巻です。
連載当初に取り上げたことのある「釣りチチ渚」をコミックス3巻目にして初めて紹介(笑)。タイトルにもなってる深海 渚は江ノ島高校の釣り部代表。あまりに巨乳なので力が入ると胸のボタンが弾け飛ぶというスキル?の持ち主です。
現在は高校生ナンバーワン釣り師を競う"釣り甲子園"の真っ最中。麻雀でも大食いでも高校生大会があるのですから釣りがあってもおかしくないですね。江ノ島高校は1・2回戦と何とか勝ち進んで準々決勝に進出しました。

この3巻は渚たちの動向は当然として他校のドラマもしっかり紹介されてます。連続優勝を果たして三連覇に臨む富士見ヶ浜高校は主将以外は一年生ばかり。臆する一年に対し主将は微笑みながら「私たちは勝てる」と励まします。こういった伝統校は何かと天狗な性格だったりしますがそんなことはなく、団結力を出すことで読者も応援したくなりますね。一言で言うなら正に王道。
一方、明鏡館高校はなぜか釣り竿ではなく刀を持ってます。それもそのはず、剣道部ですから。何でも"釣術"と剣術の両方を伝承しているそうで、恐らく剣術に通じる技術を駆使しての対戦となることでしょう。この学校は「トリッキー」なる扱いでしょうか。

でも今大会最大の注目は人気アイドル通天閣 茜が所属する関西西高校。タレント揃いというか色モノというか、何でもありな学校です。
nagisa110419-1
左がその通天閣 茜。アイドルでありながら釣りの腕前は超一流。開始5分にて大物を釣り上げるなど名実ともに台風の目といった存在です。苦労してこの地位に辿り着いた過去が語られており主役格の器なんですけどまさかあんなことが起きるなんて…。
右はお笑い芸人の袋娘。奇抜ないでたちもさることながら、両手を使っての"手釣り"というもの珍しさで子供たちに人気みたい。袋を取ったら美人というパターンに期待します。

さて、渚たち江ノ島高校ですが敗戦校の嫌がらせを受ける事態に渚がまさかの敗退。後も負け続けて最後の選手・小波ちゃんの番。ここで大物を釣り上げないと敗退決定なんですが小波ちゃんはまだ新人。更に釣り針を無くしてしまいこれで敗戦確実か!?
いえ、ここで予想もしない手段を使ってくる小波ちゃん。更に普段は下ろしていた髪をまとめたことで美人度100パーセントアップときたもんだ! その方法とは一体何か、それは読んで確かめよう。
<Amazon>釣りチチ渚(3)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2149-1b1c7a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック