亡き少女の為のパヴァーヌ 7巻 第一部のフィナーレは突然に

naki110510
『月刊コミックブレイド』に連載していた、作/こげどんぼ*「亡き少女の為のパヴァーヌ」の7巻です。
人生に悲観した相模竹之丸は生死を彷徨って天使と契約。「美しい容姿」と「天才的な音楽の才能」を手に入れた代償として、好きになってくれた女の子の「聖女の涙」を狩らねばなりません。それはすなわち「殺す」ということ。
女の子が愛してくれるからには当然自分も好きになってるわけで、けれど殺さなければならないその葛藤に毎回苦しんでいる竹之丸。今回のターゲットは幼い眼帯少女の松前るもゐ(るもい)さんです。

彼女は精神的にも幼く自閉症を煩ってます。しかしながら どんな曲でも一度聞いただけでピアノで弾いてしまう天才でした。こういう特殊な才能を発揮する症状を「サヴァン症候群」というようですね。調べてみたら山下清もこの症状ではなかったかと推測されてるようです。

二人が親しくなっていく中で松前さんの家族は幸せを願い、よもやの事態へ。
naki110510-
竹之丸この年齢でまさかの結婚! いや、時代からすれば(ちなみに明治時代)若くして結婚するのは珍しくないですかね? ともかく結婚するハメになってしまいます。けれど松前さんは結婚の自覚などまるで無し。これに目を付けたのが竹之丸です。松前さんが僕を愛する自覚がない状態が続けばこの先ずっと殺さなくて済むと──
しかし狡猾たる天使は思いもしない手段を使って松前さんを毒牙にかけようとしてきました。それに竹之丸はどう立ち向かうのだろうか?

今回は天使との対立が明確化。逆らう竹之丸ですが結局は否応無しに…って今回で「第一部 完」ですか! あのーこれって打ち切りとは違いますよね? その「第一部 完」とした理由が先生のご結婚になるとか!? 先生のブログを拝見すると今月中のようですから見守りたいと思います。

それと今ならコレですよ。『月刊なかよし』の有志を中心として多くの漫画家たちが参加したチャリティー同人誌が先の5日のコミティアを皮切りに発売開始となりました。好評なようで「とらのあな」通販では既に完売。この豪華なラインナップなら私も欲しいので追加で再販を希望します。
亡き少女の為のパヴァーヌ(7) (ブレイドコミックス)
こげどんぼ*
マッグガーデン (2011-05-10)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
http://www.mangazenkan.com/item/49845.html

こちらの「漫画全巻ドットコム」さんなどでは在庫ありますよ
2011/05/11(水) 02:28 | URL | まだ #Pe0og0Jg[ 編集]
もう見ました、面白いですね
2011/05/11(水) 12:15 | URL | ポケットモンスター 同人誌 #-[ 編集]
神のみぞ知るセカイの攻略後記憶を失うのって生ぬるい代償だったんだ…
2011/05/13(金) 18:28 | URL | 名無し@まとめいと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2169-ad53b32f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック