アオイホノオ 6巻 1981年はDAICONIIIが開催された年だったなぁ

aoi110610
『ゲッサン』連載、「アオイホノオ」の6巻です。
当方で扱うのはかなり久しぶりになります。『ヤングサンデー』連載時にはよくレビューしてたんだけどね。
<過去記事>「アオイホノオ」(前編) 島本和彦の大学時代は言いたい放題(07/3/8)
島本和彦先生が大阪芸術大学に入学していた当時を「焔燃(ほのお もゆる)」との名前を使って振り返る自伝的漫画。大学生当時、実際に思っていただろう あだち充や高橋留美子に対する気持ちを堂々とぶっちゃけてしまうところが面白いんですよ。
また同期だった庵野秀明や赤井孝美や山賀博之といったクリエイターたちも当時は何をしていたのか描いてあって、実際 ガイナックスでは「アオイホノオ」の人気が高いようです。

で、今回久しぶりに取り上げた一因がようやく『第3回大阪SF大会』、通称『DAICON III』オープニングアニメを作るか作らないかとの展開になったことから。
aoi110610-3
もっとも今の世代では『DAICON III』オープニングアニメなんて知らないか。著作権はともかく画期的なアニメでした。私が初めて知ったのは『アニメック』にフィルムダイジェストで載ったもの。「DAICON III 赤字救済委員会」で2500円だったかでビデオが売り出された時には買いましたとも!

話を持ちかけてきた武田康廣(現 ガイナックス取締役統括本部長。でも私からすれば「怪傑のーてんき」の早川健だな)と話をする庵野・赤井・山賀の3名。何もしない山賀は乗り気だけど庵野・赤井の両名はやる気無し。なぜならアニメ製作の大変さを知っているから。そんな二人に「本物の「おかしい人間」にならな!」と説得する武田。その「本物の「おかしい人間」」こそ この話の責任者だという。
本当におかしい人間が責任者でいいのかと不安になるのは当然として、その人物こそ岡田斗司夫でした。7巻ではいよいよ姿を現すのでしょうか、楽しみです。

では話を本筋に。今回も焔のぶっちゃけトークが炸裂してます。帯にもあるように焔は「これを作品内に使えばあっという間に面白いラブコメになるという 魔法の言葉」を見つけたという。初めて使ったのは おそらく あだち充。そんな便利な言葉があったら今すぐプロデビューするのも夢じゃない! いったいどんな言葉なんです??
aoi110610-
あ~、あるあるwww
好きな子の水着や下着を手にして「ムフ (ハートマーク)」と満足感を得ることこそラブコメの醍醐味のようです。じゃあ早速これを自分の漫画に取り入れればプロの漫画家になる近道じゃないかと思うけど、焔は乗り気ではありません。なぜなら!
aoi110610-1
そんな場面、人生の無駄なような気がして描けない!
ちょーwww じゃあこういった漫画をずーーーっと描き続けている あだち充は無駄な人生をずーーーっと歩んでるってことかっ!! これには声を出して笑ってしまいました。

今回はもう一つありまして、それは大友克洋の漫画を見てのこと。手に取っての感想は「こんな正確で丁寧な絵はラブコメには向かないし、SFにも向かない」「週刊連載なんて無理、アニメにもならない」と。ラブコメはともかく他に言ってることの全てを後に覆されようとは、焔は知る由もありませんね。
では焔はどんな漫画家になりたいと言うのだ?
aoi110610-2
僕は高橋留美子のように、ちゃっちゃっちゃっとタイミングだけで描いて! 何か個性が認められて! 忙しい時には一発描きでいけそうな感じの! そんな漫画家を目指している!
あちゃー! これまた本音をズバリ語ってしまってます。こんなの描いて大丈夫なのかと不安になってしまいますけど…まぁ大丈夫かな?

とても口に出せない本音をズバズバ言ってくれるのは正直嬉しい。実績ある島本先生だから許してくれる?とは思うけど、こんなの新人漫画家が描いたら即追放だわな。
<Amazon>アオイホノオ 6 (少年サンデーコミックススペシャル)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昨日ゲッサン立ち読みしたら岡田氏が登場していて、その夜にこの記事だったので、タイミングの良さに吹いてしまいました。(今回は激マンの記事だと思っていました)
2011/06/11(土) 09:28 | URL | 名無し #-[ 編集]
80年代サンデーの漫画家ってみんな似たようなだるーい部分ありますよね。
合う人には合うけど合わない人には徹底的に合わない部分が・・・
2011/06/12(日) 07:46 | URL |   #-[ 編集]
その昔、チャンピオンで「ぶかつどう」ってマンガで車田正美的パロディマンガ描いたらホサれた新人漫画家いましたね。単行本すら出ていない。
2011/06/13(月) 00:07 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2198-54f0b62e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック