HUNTER×HUNTER 28巻 王とネテロとの戦いはまさかの決着に

hunter110702
『週刊少年ジャンプ』不定期連載、「HUNTER×HUNTER」の28巻です。
1年7ヶ月ぶりに出た最新刊を店頭で見て一言。「なんだこの表紙~!?」 正直ちょっと笑いました。絵画風に護衛隊の三人が描いてあります。これは収録してある299話の影響でしょう。

28巻 最大の見どころは何と言っても王とネテロ会長との一騎討ち。不利な戦いである事は最初からわかっていたネテロ。でも教会のしがらみ等で退くことは許されません。最初に収録してある291話では己の若いころを振り返り戦う意味をいま一度思い出して気合を入れるところは「若いもんにはまだまだ負けはせん!」との気迫が感じられました。

冨樫氏は老人の表情といった、描きにくいだろう姿が上手いですね。その表情を狂気なまでに描いたのがこれです。
hunter110702-1
ネテロが最後の最後にてある決断を下す場面です。私も色々とマンガを読んできましたが、これほど悪意を振りまいてるような表情はそうお目にかかってません。この決断によって王と護衛軍はより混沌とした展開になっていきます。

一方、ゴンはピトーと頭脳戦を。普段のゴンなら頭を使えばオーバーヒートで煙を吐いてしまうところでしょうけどカイトを想ってるだけに気迫は充分。これにピトーは恐怖します。王のためにもゴンには消えてもらわないとと…。このゴンとピトーは来月発売の29巻で戦うことに。そこでゴンはあの姿に変貌する──

以下は掲載時のレビューです。各話の詳細はそちらをお読みください。
HUNTER×HUNTER ネテロの猛攻!難敵に臨む事こそ我が本望!!(291話)
HUNTER×HUNTER 王は余裕の笑みを。ネテロは秘中の技を狙う(292話)
HUNTER×HUNTER 蟻に変貌したパームがキルアを襲う!(293話)
HUNTER×HUNTER キルアの涙で正気に戻ったパーム(294話)
HUNTER×HUNTER ピトーが畏怖するゴンの底知れぬ存在力(295話)
HUNTER×HUNTER イカルゴ戦は早期決着。ジャイロの伏線再び(296話)
HUNTER×HUNTER ネテロが渾身の"零式"を放つも…(297話)
HUNTER×HUNTER 咲いた"薔薇"は蟻の憎悪を奮い立たす(298話)
HUNTER×HUNTER 無償の愛を知るユピーと(299話)
HUNTER×HUNTER コムギを人質にカイト復活に望むゴン(300話)
HUNTER×HUNTER 28 (ジャンプコミックス)
HUNTER×HUNTER(28)
HUNTER×HUNTER(29) *8月4日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
見事に後味最悪になったよなあこれ・・・
それですら護衛隊のヘブン状態と例のアレで全部吹っ飛ぶんだけど

他の作者も休載させたらこのレベルのギャグをぶっ放してくるのだろうか
2011/07/04(月) 02:23 | URL | 名無し #-[ 編集]
私も管理人氏と同意です。
あの絵の湧き上がるよな悪意の表情には本当に驚きました。
今の現役漫画家でこの境地にたどり着いている者がはたしてどれだけいるのか・・・・
素晴らしい。
2011/07/05(火) 00:09 | URL | banr #-[ 編集]
ゴンとピトーのやりとりが最高
通常のマンガなら描かれないであろう機微な仕草思惑が素晴らしい
2011/07/07(木) 20:39 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2219-0a759bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック