激マン!《デビルマンの章》 連載延長が決まって喜ぶ激

geki110707
『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン!」《デビルマンの章》の第36話
前回 このままでは描き終えられないと連載延長を願った激。そう簡単にはいかないだろうと思っていたのがマネージャーの必死な働きかけによって5月いっぱいまでの8週分もの延長が決まって大喜びします。編集長はよく延長を認めましたね。激の人柄の良さとかあったでしょうし、何よりそういう無理が通じた時代だったというところでしょう。
実際にはこれでも終わらず更に2週分ぐらい延長してデビルマンは終わってることから、激はこの後まだ無理を言うのは決定事項。その際にどうやって頼み込むのか見物です。
geki110707-
悪魔と人間の戦いは世界中で勃発しており、特にアメリカとロシアは核ミサイルを撃ち合って第三次大戦が起きようとしてました。ところがミサイルが突如消えると共に、モスクワ全土が謎の光に覆われていく謎の事態が発生します。デーモンすらわからないこの現象、連載当時の私ももちろん何が起きたのか全然わかりませんでした。でも今なら説明できます。これはソドムとゴモラと同じ事案だと。
ここんとこは旧約聖書に基づく現象なのでウィキとか参考にしないと理解できないかもしれません。
geki110707-1
デビルマンが大暴れした原稿は激が破り捨てました。それは話を詰めなきゃデビルマンは終わらないとしてアクションシーンを諦めたからです。その代わりに登場するのがデビルマンが負ける場面。大きな顔のサイコジェニーが放つ精神攻撃によって外傷を負うのではなく精神的にダメージを負って倒れこんでしまいます。絶体絶命のこのピンチでまさかの事態が起きるのは次回。ようやく最後のキャストの名前が登場しますよー。 つづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2224-733266f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック